見やすい色分け表示

EmEditor は、C++、Java、HTML、Perl、Python を始めとする 20 もの異なる言語の色分け表示が可能です。また、自分でカスタマイズした強調構文を作成することも簡単です。

EmEditor はEmEditor は開発当初から色分け表示が可能で、Text の設定以外に、Bat, C#, C++, CSS, HTML, Ini, Java, JavaScript, JSP, Pascal (Delphi), Perl, PerlScript, PHP, Python, Ruby, SQL, TeX (LaTeX), VBScript, WindowsScript, x86 Assembler, XML の設定というように、複数の設定が用意されています。HTML の設定では、ASPのタグとSCRIPTのタグの内側を LANGUAGE= 属性で指定したスクリプト (JavaScript, VBScript, または PerlScript) で色分け表示します。JSP, PHP のように「HTML-埋め込み」という特別な構文も用意しています。

EmEditor ライブラリから構文ファイルをダウンロードすることによってさらに多くの言語を追加することもできます。さらに強調したいキーワードの一覧を追加することにより、自分で構文ファイルを作成することもできます。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone