Version 20.7 の新機能

一般の新機能

  • 新バージョンでは [ファイルを結合] ウィザードがソースとして既存のファイルをエディタで開くことなく使用することができるようになりました。
  • クリップボード履歴の機能を強化しました。クリップボード履歴で右クリックして表示されるメニューから [上へ]、[下へ] を選択して、クリップボード履歴の項目の順番を入れ替えたり、複数の項目を選択し、結合して貼り付けることが可能になりました。
  • 新バージョンはマクロの実行に別のスレッドを使用するようになりました。これによりマクロの実行中に、[マクロの停止] コマンドを選択するか、Esc キーを2回続けて押すか、Ctrl+Break を押すことによりマクロを停止することができるようになりました。
  • セル選択モードで貼り付け先の複数のセルを選択した後にセルを貼り付ける新しい方式を追加しました。

新しい設定

  • 最初のページの [複数文書をファイルに結合] ウィザードは、[既存のファイル] オプションを含む [ファイル コンバイナーにようこそ] ページと [結合先のファイルとオプション] ページに分割しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスに [クリップボード] ページを追加しました。

新しいコマンド

  • クリップボードのカスタマイズ
  • マクロの停止

マクロの新機能

  • SendKeys メソッドを改善し EmEditor ビューに対しても動作するようになりました。
  • SendKeys メソッドの str パラメータに {CONVERT}、{NONCONVERT}、{VKnnn} キーを追加しました。