高度になった複数選択機能

さらに高度になった複数選択機能。複数選択時、複数位置にカーソルが同時に点滅するようになりました。

パーセント エンコーディング

パーセント エンコーディング (URL エンコード) を使って、テキストをエンコード、デコードできるようになりました。パーセント エンコードされた部分にマウス ポインタを持っていくと、自動的にエンコードされた文字列がツールチップとして表示されるようになりました。

1行上/下へ移動

[1行上へ移動]、[1行下へ移動] コマンドを追加しました。既定では、これらのコマンドは、Ctrl + Shift + ↑、Ctrl + Shift + ↓に割り当てられています。これらのショートカット キーが動作しない場合、設定のプロパティ、[キーボード] タブで、リセット ボタンをクリックするか、お好きなショートカット キーをこれらのコマンドに割り当ててください。

ユーザー定義ガイド

(v14.2 新機能) ユーザー定義ガイドが設定できるようになりました。ユーザー定義ガイドは、エディタ上の指定するカラム位置に表示できる縦線で、各設定ごとに指定できます。ユーザー定義ガイドを使用すると、縦に配列されたソース コードやテキスト ファイルが見やすくなります。ルーラーを右クリックした時に表示されるコンテキスト メニューに、[ユーザー定義ガイドを追加/削除] コマンドが追加され、マウスでポイントされた位置に新規ガイドを追加したり、既存のガイドを削除することができるようになりました。

垂直インジケーターとスクロール バーのマーカー表示

  • (v14.3 新機能) EmEditor ウィンドウの左端に変更/保存された行を垂直インジケーターとして強調表示できるようになりました。「黄色」は変更された行を意味し、「暗い緑」は変更され保存された行を意味します。
  • (v14.3 新機能) 垂直スクロール バーにマーカーを表示することができ、変更行、保存行、ブックマーク、検索文字列に一致した行、比較の結果、カーソル位置を表示できるようになりました。左側には変更行 (黄色)、保存行 (緑色) が表示されます。真ん中には、検索文字列に一致した行 (黄緑) が表示されます。右側には、ブックマーク (茶色)、比較の結果 (緑、ピンク、青) が表示されます。カーソル位置は、濃い青色の細い水平線で表示されます。これらの色は変更できます。

アウトライン バーとアウトライン ガイド

  • (v14.4 新機能) アウトライン プラグインが本体の機能に取り込まれ、アウトラインのより安定した動作を実現しました。アウトライン プラグインは廃止になりました。ツール バーにはアウトライン ボタンが追加され、ボタンの右の下矢印をクリックするとアウトラインに関する様々なコマンドが表示されます。ボタンの矢印以外の部分をクリックすると、アウトライン バーとアウトライン ガイドの両方の表示/非表示を切り替えます。
  • (v14.4 新機能) アウトライン バーの中で右クリックしたときに表示されるメニューに、[コピー] と [すべてコピー] を追加しました。
  • (v14.4 新機能) メイン メニューがカスタマイズされている場合は、[表示] サブ メニューに [アウトライン バー] コマンドと [アウトライン ガイド] コマンドが自動的に追加されます。メイン ツール バーがカスタマイズされている場合は、[アウトライン] ボタンが自動的に追加されます。
  • (v14.4 新機能) 縮小されたテキストがコピー、貼り付けされた場合、新バージョンは、コピーされたテキストの縮小/展開の状態を保持するようになりました。
  • (v14.5 新機能) [アウトライン バーとアウトライン ガイドを同期する] コマンドを追加しました。これにより、アウトライン バーとアウトライン ガイドの展開/縮小状態を同期することができるようになりました。
  • (v14.5 新機能) 文書を切り替えた時、アウトライン バー内のツリーのアイテムをドラッグ & ドロップなどで移動した時、および、選択テキストのドラッグ & ドロップでコピーや移動を行った時でも、アウトライン ガイドの展開/縮小状態、アウトライン バーのツリーの展開/縮小状態を、保持するようになりました。

その他の機能

新機能

  • [検索] ダイアログが開いている時、検索コマンドまたは Ctrl+F を押すと、キーボード フォーカスが [検索] ドロップ ダウン リスト ボックスに移動するようになりました。同様に、置換、ファイルから検索、ファイルから置換ダイアログでも、メニューまたはキーボード ショートカットからアクティベートすると、キーボード フォーカスが [検索] ドロップ ダウン リスト ボックスに移動するようになりました。
  • [マクロのカスタマイズ] ダイアログ ボックスや [メニューの変更] ダイアログ ボックスを閉じた後の画面のちらつきを減らし最適化しました。
  • TeamViewer が同時に実行されていてサイン インされている時、EmEditor が異常終了する可能性があった問題を回避しました。
  • (v14.1 新機能) さらに高度になった複数選択機能。複数選択時、Shift+Right または Left キーで選択範囲を拡張できるようになりました。
  • (v14.1 新機能) 行コメントには 15文字まで指定できるようになりました (従来は 3文字まででした)。
  • (v14.1 新機能) ブックマーク行の色を指定できるようになりました。
  • (v14.1 新機能) 選択されている間でも現在行の色が保持されるようになりました。
  • (v14.1 新機能) 各設定に既定の初期フォルダを設定できるようになりました。無題の文書が保存される時、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスは、指定した初期フォルダで初期化されます。注意:よく知られたフォルダ (マイ ドキュメント、マイ ピクチャなど) が指定されると、Windows システムがフォルダの場所をリダイレクトする場合があります。Windows 8.1 で Sky Drive との統合が設定されている場合、マイ ドキュメント フォルダは Sky Drive のドキュメント フォルダにリダイレクトされる場合があります。
  • (v14.2 新機能) Ctrl + Shift + I が既定のキーボード ショートカットとして [特殊文字を入力] コマンドに割り当てられました。
  • (v14.2 新機能) [特殊文字の入力] ダイアログ ボックスで、[文字コード値] テキスト ボックスが最後に使用された場合、ダイアログ ボックスを再び開くと、[文字コード値] テキスト ボックスに最初にキーボード フォーカスが設定されるようになりました。
  • (v14.2 新機能) 新しい HTML 5 要素と CSS 3 プロパティが、HTML と CSS の設定の既定の強調文字列として追加されました。
  • (v14.2 新機能) [マクロンを挿入] コマンドが新たに追加され、マクロン付文字が入力できるようになりました。さらに、次の追加文字が入力できるように、既存のアクセント付き文字の挿入コマンドが拡張されました (完全な一覧は、特殊文字を入力するにはをお読みください)。
アクセントの種類入力する文字既定のキーボード ショートカット
低アクセントǸ, ǹ, Ỳ, ỳCtrl + Shift + @, 文字
(日本語キーボードでは, Shift + @ は ` (低アクセント) を表します)
鋭アクセントĆ, ć, Ĺ, ĺ, Ń, ń, Ŕ, ŕ, Ǵ, ǵ, Ḱ, ḱ, Ḿ, ḿ, Ṕ, ṕ, Ẃ, ẃCtrl + Shift + 7, 文字
(日本語キーボードでは, Shift + 7 は ‘ (アポストロフィ) を表します)
曲折アクセントĈ, ĉ, Ĝ, ĝ, Ĥ, ĥ, Ĵ, ĵ, Ŝ, ŝ, Ŵ, ŵ, Ŷ, ŷCtrl + ^, 文字
ティルデĨ, ĩ, Ṽ, ṽ, Ỹ, ỹCtrl + Shift + ^, 文字
(日本語キーボードでは, Shift + ^ は ~ (ティルデ) を表します)
ウムラウトẄ, ẅ, Ẍ, ẍ, ẗ, ¨Ctrl + : (コロン), 文字またはスペース
Ů, ůCtrl + @, 文字
斜線Ł, ł, Ⱥ, Ȼ, Ɇ, ɇCtrl + /, 文字
キャロンČ, č, Ď, ď, Ě, ě, Ľ, ľ, Ň, ň, Ř, ř, Š, š, Ť, ť, Ž, ž, Ǧ, ǧ, Ǩ, ǩ, ǰ, Ȟ, ȟ, ˇAlt + ^, 文字またはスペース
マクロンĀ, ā, Ē, ē, Ō, ō, Ū, ū, Ȳ, ȳ, Ḡ, ḡ, Ī, ī, ¯Alt + -, 文字またはスペース
ウムラウト + 低アクセントǛ, ǜCtrl + : (コロン), Ctrl + Shift + @, 文字
ウムラウト + 鋭アクセントǗ, ǘ, Ḯ, ḯCtrl + : (コロン), Ctrl + Shift + 7, 文字
ウムラウト + キャロンǙ, ǚCtrl + : (コロン), Alt + ^, 文字
ウムラウト + マクロンǕ, ǖ, Ǟ, ǟ, Ȫ, ȫCtrl + : (コロン), Alt + -, 文字
  • (v14.3 新機能) スクロール バーで中クリックを行うと、指定する位置に文書をスクロールするようになりました。
  • (v14.3 新機能) 巨大ファイルで、選択範囲のエンコード/デコードの各種コマンドが使用できるように最適化されました。
  • (v14.4 新機能) カスタム バーを開く時にウィンドウのサイズを自動的に調節できるようになりました。
  • (v14.4 新機能) 折り返しモードを従来の設定毎だけでなく、文書毎に指定できるようになりました。
  • (v14.4 新機能) [コメント挿入]、[コメント削除] コマンドは、テキストが選択されていない場合、現在行に対して実行されるようになりました。
  • (v14.5 新機能) CSV/TSV モード、アウトラインの動作中でも、カーソル位置と選択範囲は変わらず、全体的により正確に動作するようになりました。
  • (v14.5 新機能) 更新チェッカーの改善により、EmEditor の将来のバージョンへの更新時のクリックする数が少なくなりました。

新しい設定

  • [ファイルから検索] ダイアログ ボックス、[ファイルから置換] ダイアログ ボックスで、[終了したら閉じる] チェック ボックスが追加されました。
  • [ファイルから検索] ダイアログ ボックスに、[出力オプション] ドロップダウン リスト ボックスが追加され、[ファイル名と行を表示]、[ファイル名のみ表示]、[一致した行のみ表示]、[一致した文字列のみ表示] から検索結果の表示方法を選択できるようになりました。
  • [保守キーを入力] ダイアログ ボックスが追加されました。
  • [EmEditor のバージョン情報] ダイアログ ボックスに、[保守キーを追加] ボタンが追加されました。
  • (v14.1 新機能) 設定のプロパティの [表示] タブで、[指定する部分] リスト ボックスに「ブックマークされた行」が追加されました。
  • (v14.1 新機能) [アクセスは拒否されました] ダイアログ ボックスに「今後、このメッセージを表示しない」チェック ボックスが追加されました。このダイアログ ボックスは、EmEditor が Program Files や Windows システム フォルダにファイルを保存しようとした時に表示されます。この設定は、EmEditor のセッション間では記憶されませんので、EmEditor を再起動すると、このプロンプト メッセージは再び表示されるようになります。
  • (v14.1 新機能) [新規作成時の詳細] ダイアログ ボックスに、[初期フォルダ] テキスト ボックスと [初期フォルダを設定] チェック ボックスが追加されました。
  • (v14.2 新機能) [マーカー ツール バーが非表示になったらマーカーを自動的に無効にする] チェック ボックスが [マーカーのカスタマイズ] ダイアログ ボックスの [オプション] タブに追加されました。
  • (v14.2 新機能) [<< 検索] ボタンが [置換] ダイアログ ボックスに追加されました。
  • (v14.2 新機能) [ユーザー定義ガイドを表示] チェック ボックスと [ユーザー定義ガイドの位置] テキスト ボックスが設定のプロパティの [記号] タブに追加されました。
  • (v14.2 新機能) 設定のプロパティの [表示] タブで、[指定する部分] リスト ボックスに「ユーザー定義ガイド」が追加されました。
  • (v14.3 新機能) 設定のプロパティの [スクロール] タブに [垂直スクロール バーにマークを表示]、[変更]、[マーク]、[検索文字列]、[カーソル位置] チェック ボックスを追加しました。
  • (v14.3 新機能) 設定のプロパティの [記号] タブに [変更/保存された行を強調表示] チェック ボックスを追加しました。
  • (v14.3 新機能) スクロール バーを右クリックして表示されるメニューに [スクロールのプロパティ] を追加しました。
  • (v14.3 新機能) 文末まで検索した時に表示されるメッセージ ボックスに [OK] と [キャンセル] の両方のボタンが含まれるようになり、検索を途中でキャンセルできるようになりました。
  • (v14.4 新機能) 設定のプロパティに [アウトライン] タブが追加されました。
  • (v14.4 新機能) [カスタマイズ] ダイアログに [アウトライン] タブが追加されました。
  • (v14.4 新機能) [カスタマイズ] ダイアログの [ウィンドウ] タブに [カスタム バーが開く時、ウィンドウのサイズを調節する] チェックボックスと [カスタム バーが開く時、ウィンドウをモニターのサイズに制限する] チェックボックスが追加されました。
  • (v14.4 新機能) [カスタマイズ] ダイアログの [表示] タブに [折り返しモードを同期する] チェックボックスが追加されました。
  • (v14.5 新機能) 設定のプロパティの [アウトライン] タブに [最大レベル] と [最初] ドロップダウン リスト ボックスが、ガイドとカスタム バーの両方に追加されました。
  • (v14.5 新機能) 設定のプロパティの [アウトライン] タブでは、32個までのレベルを定義できるようになりました。
  • (v14.5 新機能) [カスタマイズ] ダイアログの [アウトライン] タブの [選択をカーソル位置と同期する] チェック ボックスは廃止しました。

新しいコマンド

  • パーセント エンコーディングをUnicodeに変換(現在のエンコード)
  • Unicodeをパーセント エンコーディングに変換(現在のエンコード)
  • パーセント エンコーディングをUnicodeに変換(UTF-8)
  • Unicodeをパーセント エンコーディングに変換(UTF-8)
  • 1行上へ移動 (Ctrl + Shift + ↑)
  • 1行下へ移動 (Ctrl + Shift + ↓)
  • (v14.1 新機能) すべての設定をリセット
  • (v14.2 新機能) マクロンを挿入
  • (v14.2 新機能) ユーザー定義ガイドを追加/削除
  • (v14.2 新機能) ユーザー定義ガイド
  • (v14.3 新機能) 左の端にスクロール
  • (v14.3 新機能) 右の端にスクロール
  • (v14.3 新機能) 左のページにスクロール
  • (v14.3 新機能) 右のページにスクロール
  • (v14.3 新機能) 最上部にスクロール
  • (v14.3 新機能) 最下部にスクロール
  • (v14.3 新機能) 前のページにスクロール
  • (v14.3 新機能) 次のページにスクロール
  • (v14.4 新機能) アウトライン バーとガイド
  • (v14.4 新機能) アウトライン バー
  • (v14.4 新機能) アウトライン ガイド
  • (v14.4 新機能) アウトライン (ポップアップ メニュー)
  • (v14.4 新機能) アウトラインのプロパティ
  • (v14.4 新機能) アウトラインのカスタマイズ
  • (v14.4 新機能) フォント サイズをリセット
  • (v14.4 新機能) 現在のフォント サイズを既定に設定
  • (v14.4 新機能) Tabを挿入
  • (v14.5 新機能) アウトライン バーとアウトライン ガイドを同期する

マクロ新機能

  • (v14.1 新機能) FileNewProp オブジェクトに InitialFolder プロパティが追加されました。
  • (v14.1 新機能) FileNewProp オブジェクトに SetInitialFolder プロパティが追加されました。
  • (v14.2 新機能) MarkProp オブジェクトに ShowUserDefinedGuides が追加されました。
  • (v14.4 新機能) DiscardUndo プロパティが Windows オブジェクトに追加されました。

プラグイン API の新機能

  • (v14.4 新機能) EE_GET_COLOR メッセージ。
  • (v14.4 新機能) Editor_GetColor インライン関数。
  • (v14.4 新機能) GET_COLOR_INFO 構造体。
  • (v14.4 新機能) EI_GET_DISCARD_UNDO、EI_SET_DISCARD_UNDO コマンドが EE_INFO メッセージに追加されました。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone