Version 18.8 の新機能

2019年 4月 23日

一般の新機能

  • 巨大ファイルのオープン、検索/置換/フィルター、[大文字に変換]、[小文字に変換]、[単語の最初の文字を大文字に変換]、[全角に変換]、[半角に変換] コマンドをマルチ スレッドと最近の CPU の AVX-2 命令セットなどを使用して、大幅に高速化しました。
  • 非常に長い行を含む文書の動作速度を大幅に高速化しました。

テスト結果:

v18.7 v18.8 比較
[大文字に変換] コマンド 56.6 秒 1.47  秒 38.5 倍に高速化
[単語の最初の文字を大文字に変換] コマンド 72.5 秒 2.64 秒 27.5 倍に高速化
[全角に変換] コマンド 116 秒 4.27 秒 27.2 倍に高速化
巨大ファイルを開く 8.08 秒 7.55 秒 6.56% の高速化
“abc” を “@@@” にすべて置換 (既定のオプション) 1.86 秒 0.922 秒 2.02 倍に高速化
“abc” でフィルター (既定のオプション) 1.67 秒 0.906 秒 1.84 倍に高速化
改行を含まない巨大文書でカーソル移動 *1 1.36 秒 0.578 秒 2.35 倍に高速化

*1 3.09 GB、1行 (改行無し)、XML ファイル、行末に移動して、20文字左に移動するマクロを実行。[一時ファイルを使用] を無効。
その他: 4.72 GB、50,000,000 行、ランダム ASCII データ、[一時ファイルを使用] を無効。
すべて: Windows 10 (64-bit)、Core i9-9900K、32GB RAM、2TB SSD。

  • ダイアログ ボックスのすべてのテキスト ボックスで、Ctrl + Shift + V を続けて数回打つことにより、エディタ内で以前にコピーされたクリップボードの履歴からテキストを貼り付けることができるようになりました。
  • IPTip.jsee マクロを新しい GeoLite2 CSV フォーマットに対応するように更新しました。このマクロは IP v4 アクティブな文字列が有効の場合にマウスを IP v4 アドレスにポイントする時、ツール チップで国名を表示するのに使用されます。
  • 既定のショートカット キーを変更しました。Shift+Tab は [逆インデント] コマンドに、Ctrl+Shift+T は [最も最近閉じたファイル] コマンドに割り当てました。

新しい設定

  • [カスタマイズ] ダイアログの [ファイル] ページに [Unicode (UTF-16) のファイル サイズが奇数バイトの時、確認メッセージを表示する] チェック ボックスを追加しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログの [編集] ページに [[改行コードを挿入/削除] コマンドで、選択範囲の最終文字を無視する] チェック ボックス、[半角/全角変換時、半角バックスラッシュ (U+005C) を全角日本円記号 (U+FFE5) に変換する] チェック ボックス、[半角/全角変換時、半角バックスラッシュ (U+005C) を全角韓国ウォン記号 (U+FFE6) に変換する] チェック ボックスを追加しました。

プラグイン API の新機能

  • Selection オブジェクトの ChangeWidth メソッドに eeWidthJapaneseYen と eeWidthKoreanWon フラグを追加しました。

マクロの新機能

  • EE_CONVERT メッセージと Editor_Convert インライン関数に FLAG_JAPANESE_YEN と FLAG_KOREAN_WON フラグを追加しました。