Windows 10 サポート

Windows 10 Compatible

EmEditor は Windows 10 にも完全に互換性があります。

[重ねて表示]、[上下に並べて表示]、[左右に並べて表示]、比較、同期スクロール コマンドは、Windows 10 の新機能の 1 つであるタスク ビューによって作成された仮想デスクトップを認識するようになりました。
たとえば、以前のバージョンの EmEditor では、2 つの EmEditor グループ ウィンドウが別々の仮想デスクトップに存在する時に、[左右に並べて表示] コマンドを実行すると、表示中の仮想デスクトップの左半分だけに片方の EmEditor グループ ウィンドウだけが表示され、別の仮想デスクトップの右半分に残り片方の EmEditor グループ ウィンドウが表示されていました。新しいバージョンの EmEditor では、現在の仮想デスクトップ上のみでウィンドウを並べることができるようになりました。

いくつかのコマンドは Windows 10 の仮想デスクトップ機能を認識するようになりました。Ctrl キーを押しながら EmEditor の閉じるコマンドを選択すると、現在の仮想デスクトップだけに存在するすべてのウィンドウを閉じるようになりました。

[既定のワークスペースを保存]、[ワークスペースを上書き保存]、[ワークスペースを名前を付けて保存] コマンドは、現在の仮想デスクトップに存在する EmEditor ウィンドウだけを保存するようになりました。ただし、Shift キーを押しながらこれらのコマンドを実行した時には、すべての EmEditor ウィンドウが保存されます。

Ctrl キーを押しながら [既定のワークスペースを復元] コマンドまたは、最近使ったワークスペースを復元コマンドを実行すると、現在の EmEditor ウィンドウを閉じないで、ワークスペースを開くようになりました。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone