Version 19.2 の新機能

2019年 9月 18日

一般の新機能

  • 最近の CPU の AVX-512 と SHA 命令セットに対応しました (64ビット版のみ)。
  • 本体プログラムを 3 つの実行ファイル (AVX-512 用の ee512.exe、AVX-2 用の ee256.exe、SSE2 用の ee128.exe) に分けることにより高速化しました (64ビット版のみ)。既定では、EmEditor はもっとも最適化された実行ファイルを自動的に選択しますが、ユーザーが任意の実行ファイルを選択することもできます (対応する命令セットが現在の CPU によってサポートされている場合)。
  • 新バージョンでは、ファイルから検索、ファイルから置換の時、エラーによってファイルが検索からスキップされた場合、より多くのエラー情報を表示するようになりました。
  • 新バージョンでは、ファイルから検索、ファイルから置換の後、一致した数、置換された文字列の数をステータス バーに表示するようになりました。
  • 巨大ファイルのオープン、重複行の削除、[ファイルから検索]、[ファイルから置換]、各種並べ替えコマンドを大幅に高速化しました。

テスト結果:

v19.1 v19.2 比較
巨大ファイルを開く 7.53 秒 2.99 秒 2.52 倍に高速化
ファイルから検索 74.1 秒 12.2 秒 6.07 倍に高速化
ファイルから置換 126 秒 1.56 秒 80.8 倍に高速化

* 巨大ファイルを開く: 2.70 GB、2 億行、UTF-8 ランダム データ ファイル。
   ファイルから検索: 5 個のランダム テキスト ファイル、合計 17.6 GB、”abc” を検索、[大文字と小文字を区別する] オフ。
   ファイルから置換: 3 個のランダム テキスト ファイル、合計 731 MB、”abc” を検索、”@abc@” に置換、[大文字と小文字を区別する] オフ、[変更ファイルを開いたままにする] オフ、[バックアップを保存する] オン。
   16 スレッド、Windows 10 (64-bit)、Core i9-9900K、32GB RAM、2TB SSD。

新しい設定

  • [ファイルから検索]、[ファイルから置換] ダイアログ ボックスに [設定を保存] チェック ボックスを追加しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [ファイル] ページに [UTF-8を検出する最大バイト数] テキスト ボックスを追加しました。

新しいコマンド

  • すべての記号