EmEditor icon

EmEditor Professional 8.03 正式版を公開

EmEditor Professional 8.03 正式版を公開しました。

v8.02 からの主な変更点は次の通りです。

– Windows XP 以前 (英語版など) において、西ヨーロッパ言語のファイルが UTF-8 として開かれてしまうことがある不具合の修正。
– プロジェクト プラグインで、副引数「f」がファイル名のみを返さない不具合を修正。
– [表示フォントの文字セットがシステム既定でない場合のみ変更する] チェック ボックスがチェックされていなくても、[検索]/[置換] ダイアログのフォントを常に変更しないことがある不具合を修正。
– 最初のページの最後の行が次のページの先頭にも重なって印刷されてしまうことがある不具合の修正。
– 英語と日本語以外の外国語インストーラーで emedshl.dll を登録しないためエクスプローラのコンテキスト メニューに EmEditor 項目が表示されない不具合を修正。
– [名前を付けて保存] ダイアログが、保存先フォルダで初期化されないことがある不具合を修正。

Version 8 では、巨大ファイル コントローラー、箱型編集、バイナリ編集、最適化された検索と置換、より強力になったプロジェクト プラグインなど、多数の機能が追加されました。

EmEditor Professional すべてのバージョンから EmEditor Professional 8 へのアップグレードは無料です。

Emurasoft logo

テキスト エディターの速度比較

有名なテキスト エディターの速度比較の実験を行いました。この結果、EmEditor Professional 8.02 が、起動速度、ファイルを開く速度、置換速度のすべてのテストに完了し、全般にもっとも速いことがわかりました。

実験項目:

  • プログラム起動時間 (サイドバー無し)
  • 中間の大きさのファイルを開く時間 (141 MB)
  • 巨大ファイルを開く時間 (809 MB)
  • 置換を行う時間 (大文字小文字を区別する) * “a” を “@@” で置換。

12 個の有名なテキスト エディターを使用して実験しました。テスト条件の詳細については、脚注をご覧ください。(*)

結果

プログラム起動時間 (サイドバー無し)

もっとも起動の速いテキスト エディターは EmEditor Professional 8.02 で 0.196 秒でした。

Test to Launch Program

中間の大きさのファイルを開く時間 (141 MB)

ほぼ半分のテキスト エディターは、25 秒以内にテスト ファイルを開くことができました。EmEditor Professional 8.02 は、テスト ファイルを 16.02 秒で開くことができました。テスト ファイルは、175 万行の ASCII テキスト ファイル (141MB) です。

Time to Open a Medium File

巨大ファイルを開く時間 (809 MB)

すべてのテキスト エディターは中間の大きさのファイル (141MB) を開くことができましたが、すべてのテキスト エディターが巨大ファイルを開くことができたわけではありません。実際、3 分の 1 のテキスト エディターは、巨大ファイル (809MB) を開くことができませんでした。もっとも速いテキスト エディターは、EmEditor Professional 8.02 で、28.39 秒でした。テスト ファイルは、1000 万行の ASCII テキストファイル (809MB) です。

Time to Open a Large File

置換を行う時間 (大文字小文字を区別する)

2 個のテキスト エディターは、テストを完了することができず、もう 1 個のテキスト エディターは完了するのに 1 分以上かかりました。しかし、その他のテキスト エディターはこのテストを 12 秒以内に完了しました。EmEditor Professional 8.02 は、もっとも速いテキスト エディターの 1 つで、1.41 秒で完了しました。テスト ファイルは、20 万行の ASCII テキスト ファイル (16MB) です。

Time to Complete Replace

結論

速度やサイズに最適化されたテキスト エディターがある一方で、最適化されていないテキスト エディターもあります。最適化オプションを含むテキスト エディターがあったり、単に早く動作するテキスト エディターもあります。また、異常終了するテキスト エディターもあります。これらのテストから、以下は、もっとも良いテキスト エディターです。

次のテキスト エディターは、4 つすべてのテストに 1 分以内で完了しました。

  • EmEditor Professional 8.02

次のテキスト エディターは、4 つすべてのテストを完了しました。

  • EmEditor Professional 8.02
  • U 14.20
  • T1 5.2.0

次のテキスト エディターは、4 分の 3 のテストを 1 分以内で完了しました。しかし、巨大ファイルを開く時間 (809 MB) のテストを完了することができませんでした。

  • N2 5.7b
  • H 7.10

生のデータについては、Text Editor Speed Test Results (PDF) をご覧ください。

* 注
– Microsoft Virtual PC 2007 上のフレッシュな Windows Vista SP1 (512MB RAM) で実験を行いました。ホスト マシンは Dell Dimension C521 Athlon 64 X2 4600 2.40 GHz (3GB RAM)、Windows Vista です。
– 比較、記述されている結果は、すべて 5 回のテストの平均です。
– 各テストにおいて 6 回記録を行いました。最初の時間は、他のテスト時間より長い傾向があるため、最初の時間は破棄しました。
– そして残りの 5 回の平均を計算しました~これが、記述されている時間です。
– 最初のテスト~起動時間 (サイドバー無し)~では、計測時間は、MM:SS.000 で記述されています。
– 残りの 3 つのテスト~中間の大きさのファイルを開く時間 (141 MB)、巨大ファイルを開く時間 (809 MB)、置換を行う時間 (大文字小文字を区別する)~では、計測時間は、MM:SS.00 で記述されています。
– 10 分以上かかったテスト時間を計測したテキスト エディターについては、必要に応じて「too slow」と記述しました。これらのテキスト エディターは、完了しなかったテストについて、計測時間を 00:00.00 と記述し、結果をグレーの棒グラフで示しました。
– 置換を行う時間 (大文字小文字を区別する) テストでは、大文字小文字を区別するオプションのほかは、すべて既定の設定を使用しました。元に戻す情報は保持されました。
– 置換を行う時間 (大文字小文字を区別する) テストでは、H 7.10 においては、「スピード アップ」オプションを使用しました。このオプションを使用しないと、置換は非常に遅く計測できませんでした。
– 置換を行う時間 (大文字小文字を区別する) テストでは、U 14.20 においては、「Use temporary files for editing (normal operation)」オプションを使用しました。「Open file without temp file but prompt for each file (CAUTION: Edits are permanent, decreases load time for large files)」オプションを使用すると、置換は非常に速く計測できませんでした。
– 起動時間 (サイドバー無し) テストでは、起動速度を最適化するため、サイドバー無しで実験を行いました。
– Notepad (メモ帳) 6.0 と WordPad (ワードパッド) 6.0 は、マイクロソフトのプログラムで、Windows Vista のインストールに含まれています。
– EmEditor とマイクロソフト以外のテキスト エディタについては、匿名にするため名前のイニシャル文字で表示しました。
– 日本語テキスト エディタ H 7.10 には英語版があったため、英語版を使用して実験を行いました。
– 日本語テキスト エディタ T2 0.93 については、コントロール パネルの地域と言語のオプションで日本語の設定にして実験を行いました。
– プログラムの起動時間を計測するため、起動速度計測器を使用しました。

2009 年 2 月 16 日

EmEditor icon

EmEditor Professional 8.02 正式版を公開

EmEditor Professional 8.02 正式版を公開しました。

v8.01 からの主な変更点は次の通りです。

– 否定後読み検索の正規表現の不具合修正。
– Ctrl + マウス ホイールによるフォント サイズの変更は、レジストリ エディタ (regedit.exe) を起動し、KEY_CURRENT_USERSoftwareEmSoftEmEditor v3Common キーに「WheelFont」の値 (REG_DWORD) を追加し、0 に設定することによって抑制することができるようになりました。
– 巨大ファイルで多数の行を削除するときの異常終了を修正しました。
– プラグインによってはファイルを EmEditor ウィンドウにドラッグ アンド ドロップしたときに異常終了する可能性があったのを修正。
– EmEditor ウィンドウの左上コーナーの EmEditor アイコンを ALT キーを押しながらデスクトップにドラッグ & ドロップすると、ファイルのリンクを作成できるようになりました。
– 日本語、英語以外に、フランス語、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語版のインストーラを用意しました。
– INI ファイル使用時、ツール バーにマクロ ボタンが表示されないことがある不具合の修正。
– マクロで document.Config.Save() の後、HighlightItem の RightAll と RightSide プロパティの値が変わることがある不具合の修正。
– 自動インデントで「メモリ不足」エラーが表示される不具合を修正。
– プロジェクト プラグインのコンテキスト メニューで、[設定] の [(設定)] メニュー項目がグレー表示されず、選択すると異常終了する不具合を修正。

Version 8 では、巨大ファイル コントローラー、箱型編集、バイナリ編集、最適化された検索と置換、より強力になったプロジェクト プラグインなど、多数の機能が追加されました。

EmEditor Professional すべてのバージョンから EmEditor Professional 8 へのアップグレードは無料です。

Compatible with Windows 7

EmEditor Professional 8 は Windows 7 ベータで動作します!

EmEditor Professional 8 は Windows 7 ベータと互換性があることをお知らせします。最近公開された Windows 7 ベータ上で EmEditor Professional をテストした結果、問題は発生しませんでした。ただし、インターネット エクスプローラ 8 の「ソース表示」機能は、ソース ファイルを EmEditor で表示しなくなります。インターネット エクスプローラ 8 では、インターネット エクスプローラ 8 のウィンドウでソース ファイルを表示します。この問題についてはさらに継続して調べます。

EmEditor icon

EmEditor Professional 8.01 正式版を公開

EmEditor Professional 8.01 正式版を公開しました。

v8.00 からの主な変更点は次の通りです。

– [ファイルから検索] の結果をアウトプットに出力するとき、出力前にアウトプット バーの中身をクリアするようにしました。
– 現在のツールジョブを中止しますか?」のメッセージは、レジストリ エディタ (regedit.exe) を起動し、KEY_CURRENT_USERSoftwareEmSoftEmEditor v3Common キーに「PromptTerminateJob」の値 (REG_DWORD) を追加し、0 に設定することによって抑制することができるようになりました。
– 置換ダイアログの複数行モードで複数行を置換すると異常終了することがある不具合を修正しました。
– 巨大ファイル コントローラーの不具合を修正しました。
– プロジェクト プラグインでキーボードの設定の不具合を修正しました。
– INI ファイル使用時、テキストの取り込み機能ができないのを修正しました。

Version 8 では、巨大ファイル コントローラー、箱型編集、バイナリ編集、最適化された検索と置換、より強力になったプロジェクト プラグインなど、多数の機能が追加されました。

EmEditor Professional すべてのバージョンから EmEditor Professional 8 へのアップグレードは無料です。

EmEditor icon

EmEditor Professional 8.00 正式版を公開

EmEditor Professional 8.00 正式版を 公開しました。

このバージョンでは、巨大ファイル コントローラー、箱型編集、バイナリ編集、最適化された検索と置換、より強力になったプロジェクト プラグインなど、多数の機能が追加されました。また、本バージョンより紹介ビデオを作成しました。EmEditor Version 8 新機能の紹介ビデオをご覧ください!

EmEditor Professional すべてのバージョンから EmEditor Professional 8 へのアップグレードは無料です。

Emurasoft logo

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら 2008年 8月 19日 から 8月 28日まで休業とさせていただきます。その間、直接購入された場合の登録キーの発行やメールに対するお返事は、遅れることがありますので、あらかじめご了承ください。

Shareware Industry Award 2008, United States

EmEditor は シェアウェア業界賞 にて最優秀アプリケーション賞を受賞しました!

EmEditor は、米国シェアウェア業界で権威のある Shareware Industry Awards 2008 (シェアウェア業界賞) の Best Application (最優秀アプリケーション賞) を受賞し、2008 年 7 月 19 日に Software Industry Conference (ソフトウェア業界コンファレンス) で発表されました。

Shareware Industry Awards は、”シェアウェア” モデルを用いて販売されているもっとも優れたプログラムを称えるために行われています。

EmEditor icon

EmEditor Professional 7.02 正式版を公開

EmEditor Professional 7.02 を 公開しました。Version 7.01 からの主な変更点は、次の通りです。

折り返しの発生する編集を元に戻したときに表示が乱れることがある不具合の修正。

ポータブル版としてエクスポートした後、プラグインフォルダが相対フォルダにならない不具合を修正。

アウトライン プラグインでノード位置がずれることがある不具合の修正。

引用符の内側をクリックするとその文字列を選択する設定であるにもかかわらず選択できないことがある不具合の修正。

単語補完プラグインの配色の修正。

改行と EOF の背景色の設定が反映されないことがある不具合の修正。

現在行の文字色の透明の指定が反映されないことがある不具合の修正。

現在行の背景色が通常と異なる色で、ウィンドウの右側まで反映されないことがある不具合を修正

色のテーマのインポートの不具合の修正。

HTML バーの設定ダイアログで、80 桁以上の文字列を入力できない不具合を修正。

改行、タブ、空白の背景色に透明を指定しても、コメント行では反映されない不具合を修正。

EmEditor Professional 4 ~ 6 から EmEditor Professional 7 へのアップグレードは無料です。

EmEditor icon

EmEditor Professional 7.01 正式版を公開

EmEditor Professional 7.01 正式版を公開しました。

Version 7.00.9 からの主な変更点は、不具合の修正です。

EmEditor Professional 4 ~ 6 から EmEditor Professional 7 へのアップグレードは無料です。