EmEditor Logo

既知の不具合と現在のステータス

本ページでは、現在のバージョンの重要な不具合とその修正ステータスについての情報をお知らせします。この情報は、頻繁に更新されます。

すべてのバージョン

  • Windows 11 に更新すると、レジストリに不正な文字を含むキーが作成されたり、正しく動作しないことがあることが、お客様より報告されています。
    ステータス: EmEditor は、レジストリ キーに任意の非ASCII文字を使用することがあり、Windows 11 の不具合が影響していることが考えられます。Microsoft がこの不具合を修正し、EmEditor が完全に Windows 11 で正しく動作することが確認されるまで、OS の Windows 11 への更新はお待ちください。
  • Windows 10 日本語/中国語 MS-IME: 続けて変換キーを押しながら別のキーを押すと異常終了する。また、この問題は、Windows 10 で新しいバージョンの日本語/中国語 Microsoft IME を使用していると、ランダムに発生することがあります。
    ステータス: v21.1.3 である程度問題を回避できますが、まだランダムに発生することがあります。この問題を完全に回避するには、以前のバージョンの IME に戻してください。

Version 21.1.0 以降

  • 新バージョンでは、既定で [DirectWrite を使用] が設定されました。しかし、一部のお客様から、EmEditor が特定のコンピューターやグラフィック カードで異常終了するという報告をいただいております。また、一部のお客様から、EmEditor が、Windows 11 ベータで、異常終了するという報告をいただいております。
    ステータス: グラフィック ドライバーは最新に更新することを推奨します。それでも問題が発生する場合は、[DirectWrite を使用] をオフにしてください。これをオフにするには、[ツール] メニューの [カスタマイズ] を選択し、[テキスト レンダリング] ページを選択し、[DirectWrite を使用] をクリアしてください。または、基本ツール バーの [フォント] ボタンの右の ▼ ボタンをクリックして表示されるメニューから [DirectWrite を使用] を選択して、このメニュー項目にチェック マークが付かないようにしてください。
  • 既定では、インストール タイプ ダイアログは無効にされていて、「すべてのユーザー(全員)」を選択することはできません。「すべてのユーザー(全員)」を選択する必要がある場合は、FAQ 21. をお読みください。

Version 21.0.1 以降

  • EmEditor を一度、v21.0.0 に更新した後、のちに v21.0.1 に更新したことがある場合、F11 キーを押しても全画面表示にならないことがある。
    ステータス: v21.0.0 では、既定で、集中モード (全画面表示でない) が [レイアウト 1] コマンドに割り当てられましたが、v21.0.1 で元に戻したためです。[ツール] メニューから [カスタマイズ] を選択し、[レイアウト] ページを選択して、[リセット] ボタンをクリックして、レイアウトをリセットしてください。

Version 20.7.1 以前

  • 一部の以前のバージョンの EmEditor で、インストール パスにスペースが含まれている場合、EmEditor の中から更新しようとすると、更新できないことがある不具合がありました。この問題を回避するには、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。

EmEditor v21.1.4 を公開しました。

本日、EmEditor v21.1.4 を公開いたしました。

v21.1.3 からの主な変更点は次の通りです。

  • 「Source Han Code JP」フォントに対応しました。
  • 2重引用符で囲まれた埋め込み改行を含むセルのコピーと貼り付けに対応しました。
  • 特定のマクロの記録/実行で EmEditor が異常終了することがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • Windows ツール バーに関する不具合を修正しました。
  • スニペット プラグインのツリー上で (Ctrl+)Enter が動作しないことがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • 非常に長いパスが存在する時、ファイルから検索の結果が正しくないことがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • 全画面モードでメイン メニューがオンの場合に Alt+F などがメイン メニューをトリガーしないことがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • 一時ファイル用のディスク容量が少ないと EmEditor 起動時に異常終了することがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • Direct Write がオフで、水平にスクロールすると、改行マークがタブの位置に表示されてしまうことがある不具合を修正しました。

主な変更点、画面図など、詳しくは、「Version 21.1 の新機能」をご覧ください。

デスクトップ インストーラー版をお使いの場合、[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択して更新していただけます。この方法で更新できない場合には、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。デスクトップ ポータブル版の場合、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。ストア アプリ版の場合、数日後、Microsoft ストア (64ビット または 32ビット) よりダウンロードまたは更新していただけます。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

EmEditor v21.1.3 を公開しました。

本日、EmEditor v21.1.3 を公開いたしました。

v21.1.2 からの主な変更点は次の通りです。

  • CSV 文書 (非セル選択モード) で文字を挿入するとスクロール位置が文頭に移動することがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • [UTF-8を自動検出] がオンで UTF-8 でないファイルを非同期に開いていると異常終了することがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • 分割された文書の切り替えですべてのペインが正しく表示されないことがある v21.1 の不具合を修正しました。
  • 負の小数の数値範囲に関する v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • Direct Write を使用する時のフォントと IME に関する v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • [コメントを縮小可能にする] オプションがオンでアウトラインに関する v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • 特定の条件下で、タブのスタイルがボタンの場合の v21.1 の不具合を修正しました。
  • 本バージョンでは、アウトライン ガイドが以前に設定されていた場合、フィルターを設定して中止した後、アウトライン ガイドを自動的に復元するようになりました。
  • 新バージョンの日本語 IME を使用中に再変換キーを押すと異常終了することがある v21.1 以前からの問題を回避しました。

主な変更点、画面図など、詳しくは、「Version 21.1 の新機能」をご覧ください。

デスクトップ インストーラー版をお使いの場合、[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択して更新していただけます。この方法で更新できない場合には、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。デスクトップ ポータブル版の場合、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。ストア アプリ版の場合、数日後、Microsoft ストア (64ビット または 32ビット) よりダウンロードまたは更新していただけます。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

EmEditor v21.1.2 を公開しました。

本日、EmEditor v21.1.2 を公開いたしました。

v21.1.1 からの主な変更点は次の通りです。

  • Free 版でも [Direct Write を使用する] コマンドを有効にしました。
  • 絵文字 ZWJ シーケンスの “Gendered” 文字のサポート。
  • ウィンドウを分割しても新しいペインがすぐに表示されないことがある v21.1 の不具合を修正しました。
  • アウトライン バーがちらつく v21.1 以前からの問題を修正しました。
  • 複数の異なる解像度 (DPI) モニターを使用していて複数のグループ ウィンドウを表示していると異常終了することがあった v21.1 以前からの問題を修正しました。
  • 特定の条件でツール バーがちらつくことがある不具合を修正しました。
  • ASP ファイルで VBScript キーワードが強調表示されない v21.1 の不具合を修正しました。
  • 非常に暗いモードでシンボル リストのツール バーが正しく表示されない v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • Direct Write を使用してバイナリ(16進数表示)で開いたファイルをスクロールした時に異常終了することがある不具合を修正しました。

主な変更点、画面図など、詳しくは、「Version 21.1 の新機能」をご覧ください。

デスクトップ インストーラー版をお使いの場合、[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択して更新していただけます。この方法で更新できない場合には、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。デスクトップ ポータブル版の場合、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。ストア アプリ版の場合、数日後、Microsoft ストア (64ビット または 32ビット) よりダウンロードまたは更新していただけます。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

EmEditor v21.1.1 を公開しました。

本日、EmEditor v21.1.1 を公開いたしました。

v21.1.0 からの主な変更点は次の通りです。

  • フォントによっては、カーソル位置と実際の文字入力位置がずれることがある Direct Write に関する v21.1.0 の問題を修正しました。
  • Direct Write を使用すると、グラフィック ドライバーによっては、EmEditor 終了時に異常終了することがあります。その場合に、メッセージを表示して、次回から Direct Write がオフになるようにしました。
  • セル ツール バーがちらつく v21.1.0 の問題を修正しました。
  • アウトライン バーがちらつく v21.1 以前からの問題を修正しました。

主な変更点、画面図など、詳しくは、「Version 21.1 の新機能」をご覧ください。

デスクトップ インストーラー版をお使いの場合、[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択して更新していただけます。この方法で更新できない場合には、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。デスクトップ ポータブル版の場合、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。ストア アプリ版の場合、数日後、Microsoft ストア (64ビット または 32ビット) よりダウンロードまたは更新していただけます。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

EmEditor v21.1.0 を公開しました。

本日、EmEditor v21.1.0 を公開いたしました。

主な変更点、画面図など、詳しくは、「Version 21.1 の新機能」をご覧ください。

さらに本リリースは、次の不具合/問題の修正を含みます。

  • [重複行の削除/ブックマーク (高度)] コマンドで [ブックマーク] を選択した後の表示/スクロール バー マーカーの更新に関する v21.0 以前からの不具合を修正しました。
  • 特定のプラグインで異常に遅くなったり異常終了することがある不具合を修正しました。
  • [列でフィルター] コマンドで異常終了することがある v21.0 以前からの不具合を修正しました。
  • EmEditor ウィンドウのサイズを変更すると CSV セル選択モードでスクロール位置が変わることがある不具合を修正しました。
  • DirectWrite がオンの時、CSV 選択ボックスが見えなくなることがある v21.0 以前からの不具合を修正しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [アクティブな文字列] ページで、[URI] の [ポイントした時] に [マクロを実行] が指定されていると、異常に遅くなることがある v21.0 以前からの不具合を修正しました。
  • レイアウトを選択する前に HTML ツール バーが非表示であっても、レイアウトを復元した後、HTML ツール バーが常に表示されてしまう v21.0 の不具合を修正しました。
  • フィルターが設定されている状態で Direct Write のオンとオフを切り替えると異常終了することがある v21.0 以前からの不具合を修正しました。
  • 単語のみのオプションで前を検索すると、カーソル位置の単語でない文字列に一致することがある v21.0 以前からの不具合を修正しました。
  • [対応するタグを強調する] オプションが正しく動作しなかった v21.0 の不具合を修正しました。
  • エクスプローラーのコンテキスト メニューを非表示にしても、更新後に復活してしまうことがある v21.0 以前からの不具合を修正しました。
  • 読み直しの途中で異常終了することがある v21.0 以前からの不具合を修正しました。
  • [置換] ダイアログで正規表現を使用する抽出が正しく動作しない v21.0 の不具合を修正しました。

デスクトップ インストーラー版をお使いの場合、[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択して更新していただけます。この方法で更新できない場合には、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。デスクトップ ポータブル版の場合、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。ストア アプリ版の場合、数日後、Microsoft ストア (64ビット または 32ビット) よりダウンロードまたは更新していただけます。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

EmEditor v21.0.1 を公開しました。

本日、EmEditor v21.0.1 を公開いたしました。

v21.0.0 からの主な変更点は次の通りです。

  • レイアウト 1 だけでなく、すべてのレイアウトにキーボード ショートカットを割り当てられるようになりました。
  • 既定レイアウトは、レイアウト 1 として「全画面表示」 (F11) 、レイアウト 2 として「集中モード」 (Alt+F1) になりました。
  • Windows 7 のみ: EmEditor の中から更新しようとすると、「eeinst.exe は動作を停止しました。」というメッセージが表示され、異常終了することがある不具合を修正しました。
  • あるマクロを実行して、新しいグループ ウィンドウを作成してから、別のマクロを実行すると、異常終了することがある不具合を修正しました (以前のバージョンでも発生します)。
  • 「偶数行」の色がカスタマイズされている場合、「偶数行」の色が、現在行に反映されないことがあった不具合を修正しました。 (以前のバージョンでも発生します)。
  • 比較の後、ウィンドウ位置が復元されない不具合を修正しました (ポータブル版のみ、以前のバージョンでも発生します)。

主な変更点、画面図など、詳しくは、「Version 21.0 の新機能」をご覧ください。

デスクトップ インストーラー版をお使いの場合、[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択して更新していただけます。この方法で更新できない場合には、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。デスクトップ ポータブル版の場合、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。ストア アプリ版の場合、数日後、Microsoft ストア (64ビット または 32ビット) よりダウンロードまたは更新していただけます。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

EmEditor v21.0.0 を公開しました。

本日、EmEditor v21.0.0 を公開いたしました。

主な変更点、画面図など、詳しくは、「Version 21.0 の新機能」をご覧ください。

さらに本リリースは、次の不具合/問題の修正を含みます。

  • 不正な登録キーを入力した後、EmEditor が繰り返しダウングレードされてしまい、正しいキーが入力できないことがある v20.9 以前からの不具合を修正しました。
  • PC メモリが少ない状態でウィンドウの分割に失敗した時に EmEditor が異常終了する可能性がある v20.9 以前からの不具合を修正しました。
  • エクスポート ウィザードの [USBドライブなどの…] オプションで、Macros フォルダがコピーされない v20.9 以前からの不具合を修正しました。
  • 日本語版のみ: [ファイルの結合] ウィザードで、[ブックマークが設定された行のみ] と [最初の文書を除き、すべての文書から最初の行を取り除く] オプションが抜けていた v20.9 以前からの不具合を修正しました。
  • GDI オブジェクト リークの v20.9 以前からの不具合を修正しました。
  • ミニマップを表示中に異常終了することがある v20.9 以前からの不具合を修正しました。
  • CSV 文書に一致しない列数が検出された場合に、[列を結合] コマンドで異常終了することがある v20.9 以前からの不具合を修正しました。

デスクトップ インストーラー版をお使いの場合、[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択して更新していただけます。この方法で更新できない場合には、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。デスクトップ ポータブル版の場合、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。ストア アプリ版の場合、数日後、Microsoft ストア (64ビット または 32ビット) よりダウンロードまたは更新していただけます。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

EmEditor v20.9.2 を公開しました。

本日、EmEditor v20.9.2 を公開いたしました。

v20.9.1 から修正された主な不具合は次の通りです。

  • Windows 7 のみ: EmEditor の中から更新しようとすると、「コンピューターに api-ms-win-core-path-l1-1-0.dll がないため、プログラムを開始できません。」というメッセージが表示されて更新できない。
  • [プラグインの設定] ダイアログ ボックスで OK をクリックすると、アウトライン ガイドが消える。
  • スニペット プラグイン: 各スニペット項目のプロパティで [OK] または [編集] ボタンをクリックすると、テキストが長く、非アスキー文字が含まれている場合に、テキストが正しく保存されない。
  • スニペット プラグイン: 非アスキー文字列でトリガーしない。
  • エクスポート/インポート ウィザード: [すべての設定を INI ファイルにエクスポートする] を選択すると、パスを設定した後にもう一度フォルダーを参照するダイアログが表示される。
  • CSV ファイル タブをクリックすると、ファイルのパスがセルに貼り付けられる。

主な変更点、画面図など、詳しくは、「Version 20.9 の新機能」をご覧ください。

デスクトップ インストーラー版をお使いの場合、[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択して更新していただけます。この方法で更新できない場合には、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。デスクトップ ポータブル版の場合、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。ストア アプリ版の場合、数日後、Microsoft ストア (64ビット または 32ビット) よりダウンロードまたは更新していただけます。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

EmEditor v20.9.1 を公開しました。

本日、EmEditor v20.9.1 を公開いたしました。

v20.9.0 からの主な変更点は次の通りです。

  • スニペット プラグインで、スニペット項目のタイトルに不正な文字が追加されることがある v20.9.0 の不具合を修正しました。(更新後にスニペットを変更した場合、%APPDATA%\Emurasoft\EmEditor 内に Snippets_back_v3.bin という名前でファイル Snippets.bin のバックアップが保存されます。)
  • スニペット プラグインで、スニペット項目のエクスポート/コピーに失敗することがある v20.9.0 の不具合を修正しました。
  • [HTML/XMLのCharsetを検出] と [UTF-8を自動検出] オプションの両方が設定されていて、ファイルに不正な文字が含まれている場合に特定の条件で異常終了することがある v20.8.0-20.9.0 の不具合を修正しました。

主な変更点、画面図など、詳しくは、「Version 20.9 の新機能」をご覧ください。
デスクトップ インストーラー版をお使いの場合、[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択して更新していただけます。この方法で更新できない場合には、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。デスクトップ ポータブル版の場合、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。ストア アプリ版の場合、数日後、Microsoft ストア (64ビット または 32ビット) よりダウンロードまたは更新していただけます。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。