投稿

EmEditor v14.8.1 を公開しました

本日、EmEditor v14.8.1 を公開いたしました。
この新バージョンでは、データベース ファイルの編集において便利な次のような使いやすい機能が追加されています。

v14.8.0 からの主な変更点は、次の通りです。

不具合の修正

  • CSV モードで 1000行目以降のセル内の改行が正しく埋め込まれていない不具合を修正しました。
  • アウトプット バーでファイル パス名が折り返されている場合でも、タグジャンプが動作するようにしました。
  • タブ無効時に各種並べ替えコマンドが無効になってしまう不具合を修正しました。
  • スニペット プラグインの特定の不具合を修正しました。
  • ネットワーク ドライブからのインストールとアンインストールで、AI_RecycleBin という名前のフォルダが作成されてしまう不具合を修正しました。

画面図など、詳しくは、こちらをご覧ください。

[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択していただくか、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。

本バージョンは、永久ライセンスをお持ちか、または通常ライセンスで保守プランが 2015年2月4日の時点で有効であれば無料でお使いいただけます。お客様の登録キーは、エムソフト カスタマー センターのキーの再送よりご確認いただけます。

「高速リリースへの方針変更と、メジャー更新から保守プランへの移行のお知らせ」もご覧ください。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

EmEditor v14.8.0 を公開しました

本日、EmEditor v14.8.0 を公開いたしました。
この新バージョンでは、データベース ファイルの編集において便利な次のような使いやすい機能が追加されています。

v14.7.1 からの主な変更点は、次の通りです。

一般の新機能

  • CSV の結合機能により、SQL においての JOIN 操作 (INNER JOIN、OUTER JOIN、RIGHT JOIN、LEFT JOIN) と同様な方法を使って、2 個の CSV 文書をマージできるようになりました。
  • 重複行の削除(高度) 機能により、重複を調べる列を指定したり、空行を無視することができるようになりました。
  • ルーラーは、CSV モードの時、列のインデックスを表示できるようになりました。
  • 最後に使ったフィルター レベルを削除するマクロのフラグが追加されました。
  • パーセント エンコーディングの非標準の実装 (%uxxxx フォーマット) も強調されるようになり、ツールチップを右クリックして [変換] を選択するか、[Universal Character NameをUnicodeに変換] コマンドを使ってデコードできるようになりました。

新しい設定

  • [CSVの結合] ダイアログ ボックスが追加されました。
  • [重複行の削除] ダイアログ ボックスが追加されました。
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [CSV] タブに、[検出する最初の行] テキスト ボックスと [表示されている行のみで区切り位置を調節] チェック ボックスを追加しました。

新コマンド

  • 重複行の削除(高度)
  • CSVの結合

マクロの新機能

  • Filter メソッドに eeFindRemoveLast フラグが追加されました。
  • Editor オブジェクトに Join メソッドが追加されました。

新しいプラグイン API

  • Editor_Filter インライン関数と FILTER_INFO 構造体に FLAG_FIND_REMOVE_LAST フラグが追加されました。
  • EE_JOIN メッセージ、Editor_Join インライン関数、JOIN_INFO 構造体が追加されました。

不具合の修正

  • [連続置換] ダイアログボックスで、[上へ] ボタンをクリックしたときにチェック ボックスの状態が変わることがある不具合を修正しました。
  • 既定の設定を変更している場合、[ファイルから検索] 結果の文書が既定の設定にならず常に Text の設定になる不具合を修正しました。

画面図など、詳しくは、こちらをご覧ください。

[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択していただくか、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。

本バージョンは、永久ライセンスをお持ちか、または通常ライセンスで保守プランが 2015年2月2日の時点で有効であれば無料でお使いいただけます。お客様の登録キーは、エムソフト カスタマー センターのキーの再送よりご確認いただけます。

「高速リリースへの方針変更と、メジャー更新から保守プランへの移行のお知らせ」もご覧ください。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

EmEditor v14.8.0 beta 2 を公開しました。

本日、EmEditor v14.8.0 beta 2 を公開いたしました。

v14.8.0 beta 1 からの主な変更点は、次の通りです。

新しい設定

  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [CSV] タブに、[検出する最初の行] テキスト ボックスと [表示されている行のみで区切り位置を調節] チェック ボックスを追加しました。

マクロの新機能

  • Editor オブジェクトに Join メソッドが追加されました。

新しいプラグイン API

  • EE_JOIN メッセージ、Editor_Join インライン関数、JOIN_INFO 構造体が追加されました。

画面図など、詳しくは、こちらをご覧ください。

正式版の公開前にできるだけ多くの不具合を発見したいため、このベータ版をお試しいただき、不具合が見つかりましたらご報告していただけますようお願い申し上げます。

ダウンロードや変更点は、ベータ版フォーラムの「EmEditor v14.8.0 beta 2 を公開しました」をご覧ください

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

EmEditor v14.8.0 beta 1 を公開、v14.8 の新機能のページを公開しました。

本日、EmEditor v14.8.0 beta 1 を公開いたしました。
v14.7.1 からの主な変更点は、次の通りです。

一般の新機能

  • CSV の結合機能により、SQL においての JOIN 操作 (INNER JOIN、OUTER JOIN、RIGHT JOIN、LEFT JOIN) と同様な方法を使って、2 個の CSV 文書をマージできるようになりました。
  • 重複行の削除(高度) 機能により、重複を調べる列を指定したり、空行を無視することができるようになりました。
  • ルーラーは、CSV モードの時、列のインデックスを表示できるようになりました。
  • 最後に使ったフィルター レベルを削除するマクロのフラグが追加されました。
  • パーセント エンコーディングの非標準の実装 (%uxxxx フォーマット) も強調されるようになり、ツールチップを右クリックして [変換] を選択するか、[Universal Character NameをUnicodeに変換] コマンドを使ってデコードできるようになりました。

新しい設定

  • [CSVの結合] ダイアログ ボックスが追加されました。
  • [重複行の削除] ダイアログ ボックスが追加されました。

新コマンド

  • 重複行の削除(高度)
  • CSVの結合

マクロの新機能

  • Filter メソッドに eeFindRemoveLast フラグが追加されました。

新しいプラグイン API

  • Editor_Filter インライン関数と FILTER_INFO 構造体に FLAG_FIND_REMOVE_LAST フラグが追加されました。

画面図など、詳しくは、こちらをご覧ください。

正式版の公開前にできるだけ多くの不具合を発見したいため、このベータ版をお試しいただき、不具合が見つかりましたらご報告していただけますようお願い申し上げます。

ダウンロードや変更点は、ベータ版フォーラムの「EmEditor v14.8.0 beta 1 を公開しました」をご覧ください

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone