EmEditor v14.5.0 を公開しました

本日、EmEditor v14.5.0 を公開いたしました。
v14.4.4 からの主な変更点は、次の通りです。

一般の新機能

  • [アウトライン バーとアウトライン ガイドを同期する] コマンドを追加しました。これにより、アウトライン バーとアウトライン ガイドの展開/縮小状態を同期することができるようになりました。
  • 文書を切り替えた時、アウトライン バー内のツリーのアイテムをドラッグ アンド ドロップなどで移動した時、および、選択テキストのドラッグ アンド ドロップでコピーや移動を行った時でも、アウトライン ガイドの展開/縮小状態、アウトライン バーのツリーの展開/縮小状態を、保持するようになりました。
  • CSV/TSV モード、アウトラインの動作中でも、カーソル位置と選択範囲は変わらず、全体的により正確に動作するようになりました。
  • 更新チェッカーの改善により、EmEditor の将来のバージョンへの更新時にクリックする回数が非常に少なくなりました。
  • コードのさらなる最適化により、機能が追加されたにも関わらず、実行ファイル サイズは小さくなりました。

新しい設定

  • 設定のプロパティの [アウトライン] タブに [最大レベル] と [最初] ドロップダウン リスト ボックスが、ガイドとカスタム バーの両方に追加されました。
  • 設定のプロパティの [アウトライン] タブでは、32個までのレベルを定義できるようになりました。
  • [カスタマイズ] ダイアログの [アウトライン] タブの [選択をカーソル位置と同期する] チェック ボックスは廃止しました。

新しいコマンド

  • [アウトライン バーとアウトライン ガイドを同期する] コマンド

不具合の修正

画面図など、詳しくは、こちらをご覧ください。

EmEditor v14 は、こちらよりダウンロードしていただけます。

v13 からのアップグレードは無料です。v14 を使用するには、v14 用登録キーが必要になります。v13 用登録キーをお持ちのお客様は、エムソフト カスタマー センターから無料の v14 用登録キーをご確認いただけます。旧バージョンを製品登録されているお客様を含め、80% のお客様は、既に永久ライセンスをお持ちです。まだ v13 にアップグレードされていないお客様でも、上のリンクをクリックすると、お客様がアップグレード可能かどうかを確認していただけます。

「高速リリースへの方針変更と、メジャー更新から保守プランへの移行のお知らせ」もご覧ください。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す