EmEditor icon

EmEditor v14.1.0 を公開しました

本日、EmEditor v14.1.0 を公開いたしました。

v14.0.1 からの主な変更点は、次の通りです。

一般の新機能
– さらに高度になった複数選択機能。複数選択時、Shift+Right または Left キーで選択範囲を拡張できるようになりました。
– 行コメントには 15文字まで指定できるようになりました (従来は 3文字まででした)。
– ブックマーク行の色を指定できるようになりました。
– 選択されている間でも現在行の色が保持されるようになりました。
– 各設定に既定の初期フォルダを設定できるようになりました。無題の文書が保存される時、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスは、指定した初期フォルダで初期化されます。注意:よく知られたフォルダ (マイ ドキュメント、マイ ピクチャなど) が指定されると、Windows システムがフォルダの場所をリダイレクトする場合があります。Windows 8.1 で Sky Drive との統合が設定されている場合、マイ ドキュメント フォルダは Sky Drive のドキュメント フォルダにリダイレクトされる場合があります。

新しい設定
– 設定のプロパティの [表示] タブで、[指定する部分] リスト ボックスに「ブックマークされた行」が追加されました。
– [アクセスは拒否されました] ダイアログ ボックスに「今後、このメッセージを表示しない」チェック ボックスが追加されました。このダイアログ ボックスは、EmEditor が Program Files や Windows システム フォルダにファイルを保存しようとした時に表示されます。この設定は、EmEditor のセッション間では記憶されませんので、EmEditor を再起動すると、このプロンプト メッセージは再び表示されるようになります。
– [新規作成時の詳細] ダイアログ ボックスに、[初期フォルダ] テキスト ボックスと [初期フォルダを設定] チェック ボックスが追加されました。

新コマンド
– すべての設定をリセット

マクロ新機能
– FileNewProp オブジェクトに InitialFolder プロパティが追加されました。
– FileNewProp オブジェクトに SetInitialFolder プロパティが追加されました。

不具合修正
– Ctrl キーを押しながらテキストのドラッグ & ドロップで、カーソル位置が正しく更新されなかった不具合を修正しました。
Version 14 の新機能については、こちらをご覧ください。
https://jp.emeditor.com/text-editor-features/history/new-in-version-14/

EmEditor v14 は、
https://jp.emeditor.com/#download
よりダウンロードしていただけます。

v13 からのアップグレードは無料です。v14 を使用するには、v14 用登録キーが必要になります。v13 用登録キーをお持ちのお客様は、エムソフト カスタマー センター
https://support.emeditor.com/send_keys.php?lid=2
から無料の v14 用登録キーをご確認いただけます。80% のお客様は、既に永久ライセンスをお持ちです。まだ v13 にアップグレードされていないお客様でも、上のリンクをクリックすると、お客様がアップグレード可能かどうかを確認していただけます。

「高速リリースへの方針変更と、メジャー更新から保守プランへの移行のお知らせ」もご覧ください。
https://jp.emeditor.com/emeditor-core/高速リリースへの方針変更と、保守プランへの移/

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す