EmEditor v15.0.0 を公開しました。

本日、EmEditor v15.0.0 を公開いたしました。
この新バージョンでは、データベース ファイルの編集において便利な次のような使いやすい機能が追加されています。

v14.9.3 からの主な変更点は、次の通りです。

一般の新機能

  • 複数のワークスペースを扱うことができるようになりました。[ワークスペースを開く]、[ワークスペースを上書き保存]、[ワークスペースを名前を付けて保存]、[最近のワークスペース (複数項目)] コマンドが追加されました。既定では [ファイル] メニューに [ワークスペース] ポップアップ メニューが追加され、その中に各種コマンドが追加されました。
  • 高度なフィルターでは、検索範囲を文字数で指定することができるようになりました。また、複数レベルのフィルターの場合、論理和 (論理 OR) でフィルターを実行することができるようになりました。何も指定しない場合には、従来と同様、複数の条件の論理積 (AND) でフィルターが動作します。
  • [フィルター] ツール バーで、以前の高度なフィルターも履歴より選択できるようになりました。
  • [フィルター] ツール バーに [すべてブックマーク] ボタン、[すべて抽出] ボタンが追加されました。
  • 巨大ファイルを開いた場合のフィルターの動作を高速化しました。
  • マーカー ツール バー上のマーカー上で右クリックしたときに表示されるメニューに [フィルター] を追加しました。また、Ctrl を押しながらマーカー ボタンを押した時にも、指定する文字列でフィルターが設定されるようになりました。
  • 既定の右クリックのコンテキスト メニューに、[フィルター] が追加され、選択テキストまたはカーソル位置の単語を使ってフィルターが設定できるようになりました。
  • [インポートとエクスポート] コマンドで、UAC プロンプトが表示されなくなりました。
  • [現在の文書を複数ファイルに分割] コマンドでは、開いていない既存ファイルをコピー元として選択できるようになりました。これにより、248 GB を超える巨大ファイルも複数ファイルに分割できるようになりました。
  • [ファイルから検索] ダイアログに [出力方法] ドロップ ダウン リストが追加されました。ここで、[直接開いてフィルター] を選択することにより、指定文字列を含むファイルを直接開いて、検索文字列でフィルターを設定できるようになりました。
  • [ファイルから検索] と [ファイルから置換] コマンドでは、複数のフォルダを縦線 (|) で区切って、合計 10,000 文字まで指定できるようになりました。また、2重引用符で囲まれたパスも指定できるようになりました。検索前に、フォルダが存在しない場合には、警告メッセージが表示されるようになりました。
  • [検索] ダイアログで、[ブックマーク] ボタンを押した場合、ステータス バーにブックマークの数がどれだけ増えたかが表示されるようになりました。
  • 多くのメッセージ ボックスをよりわかりやすく改善しました。たとえば、文書を閉じる時に「変更を保存しますか」というダイアログ ボックスの「はい」「いいえ」のボタンのラベルは「保存する」「保存しない」というように操作を直接表示するようにしました。異常終了した時や自動復元ワークスペースを見つけた場合のダイアログも改善しました。
  • EmEditor Free 版に [ファイルから検索] と [ファイルから置換] コマンドが追加されました。

新しい設定

  • [高度なフィルター] ダイアログ ボックスに [カスタム (文字単位)] ボックス、[前の条件との論理和] チェック ボックス、[インポート] ボタン、[エクスポート] ボタンが追加されました。
  • [カスタマイズ] ダイアログの [履歴] タブに [この数を超えるとポップアップ] テキスト ボックスが追加されました。
  • [ファイルから検索] と [ファイルから置換] ダイアログ ボックスの [検索するフォルダ] テキスト ボックスの右横の [>] ボタンをクリックして表示されるメニューに [参照して追加] コマンドが追加されました。
  • [カスタマイズ] ダイアログの [CSV] タブに [CSV の正当性を確認してエラーを出力する] チェック ボックスが追加され、CSV モードの変更時により詳細なメッセージが表示できるようになりました。
  • [カスタマイズ] ダイアログの [ステータス] タブの一覧に [文書全体中のブックマークの数] チェック ボックスが追加されました。
  • [ファイルから検索] ダイアログで [高度] ボタンをクリックした時に表示される [高度] ダイアログ ボックスに [指定したフォルダが存在しない場合にダイアログを表示する] チェック ボックスが追加されました。

新コマンド

  • ワークスペースを開く
  • ワークスペースを上書き保存
  • ワークスペースを名前を付けて保存
  • 最近のワークスペース (複数項目)
  • すべてブックマーク (フィルター ツール バー)
  • すべて抽出 (フィルター ツール バー)
  • 選択テキストまたはカーソル位置の単語でフィルター

マクロの新機能

  • Document オブジェクトの Filter メソッドに xBegin、xEnd パラメータと eeFindLogicalOr フラグが追加されました。

新しいプラグイン API

  • FILTER_INFO 構造体に xBegin、xEnd フィールドと FLAG_FIND_LOGICAL_OR フラグが追加されました。
  • Editor_Filter インライン関数に xBegin、xEnd パラメータと FLAG_FIND_LOGICAL_OR フラグが追加されました。
  • EEID_WORKSPACE_OPEN、EEID_WORKSPACE_SAVE_AS、EEID_WORKSPACE_SAVE_CURRENT、EEID_FILTERBAR_BOOKMARK、EEID_FILTERBAR_EXTRACT、EEID_WORKSPACE_RECENT_FILE1 コマンドが追加されました。

不具合の修正

  • 巨大ファイルを開いた後、CSV モードの変更で、改行コードを含む場合の動作の修正。
  • 分割/結合ウィザードの不具合の修正。
  • 最終行でトリプル クリックして行選択した後、Delete キーで行が削除できない不具合を修正。
  • 「カーソルのある行」の色がカスタマイズされている場合に、[1行上へ移動] コマンドで表示が乱れる不具合を修正。

画面図など、詳しくは、こちらをご覧ください。

[ヘルプ] メニューの [更新のチェック] を選択していただくか、こちらよりダウンロードして、更新していただけます。

本バージョンは、永久ライセンスをお持ちか、または通常ライセンスで保守プランが 2015年4月6日の時点で有効であれば無料でお使いいただけます。お客様の登録キーは、エムソフト カスタマー センターよりご確認いただけます。v15 用登録キーは v14 用登録キーと同じです。

「高速リリースへの方針変更と、メジャー更新から保守プランへの移行のお知らせ」もご覧ください。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す