[クラウド候補を使用する] の設定を無効にします

Windows 10 で、EmEditor 終了時に異常終了する場合の対処方法

日頃より、EmEditor をご愛用いただき、ありがとうございます。

Windows 10 Creator Update (Version 1703) 上で、日本語 Microsoft IME をお使いの場合、EmEditor 終了時に、数回に1回の割合で「EmEditor は動作を停止しました」というダイアログ ボックスが表示され、異常終了することがあります(*)。これは、Microsoft IME に起因する問題の可能性が高いと言えます。現在のところ、EmEditor で対応することが難しいため、下記の方法で対応していただけますよう、お願い申し上げます。

[クラウド候補を使用する] の設定を無効にします

[クラウド候補を使用する] の設定を無効にします

  1. IME 言語バーの上の「あ」または「A」と表示されているボタン上で右クリックして表示されるメニューから [プロパティ] を選択します。
  2. [Microsoft IME の設定] ダイアログ ボックスが表示されるので、[詳細設定] ボタンをクリックします。
  3. [Microsoft IME の詳細設定] ダイアログ ボックスが表示されるので、[予測入力] タブをクリックします。
  4. [クラウド候補を使用する] がチェックされていたら、このチェックを外して、設定を無効にしてください。

弊社では、この問題をプログラム上で回避することができないか、さらに調査を続けます。皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

*異常終了の原因を確認するには、異常終了した後、 %PROGRAMDATA%\Emurasoft\EmEditor\Error に作成されるクラッシュ レポート ファイルを見ると、imetip、imjptip、imjpapi という名前の位置で異常終了したことがわかります。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.