EmEditor v14.6.0 beta 1 を公開しました

本日、EmEditor v14.6.0 beta 1 を公開いたしました。

従来、「区切り値」または「CSV/TSV/DSV」という用語を使用していましたが、今後は、カンマ、タブなどの区切り文字の種類に関わらず、複数のフィールドが特定の文字列で区切られたファイル (または文書) を、総称して「CSV」と呼ぶことにします。

v14.5.4 からの主な変更点は、次の通りです。

  • 新たに、CSV/並べ替えツール バーが追加されました。CSV/並べ替えツール バーで、CSV モードの変更、CSV の変換、固定幅カラムに変換、各種カラム/セパレータ関連のコマンド、並べ替えコマンド、[重複行を削除] コマンド、行番号、ルーラーの表示/非表示切り替え、ヘディングの設定を行えるようになりました。
  • 次のコマンドは、Shift を押しながら実行することで、現在のグループ内のすべての文書に対して適用されます — [通常モード]、CSVモード切替各コマンド、指定するCSVに変換する各コマンド、[固定幅カラムに変換]、各種並べ替えコマンド、[重複行を削除]、[ヘディング 0~4]、[区切り位置を調節]、[自動的にセパレーターを追加]、[すべてのセパレーターを削除]
  • [カスタマイズ] ダイアログに [CSV] タブが追加されました。ここで、自由に CSV フォーマットを追加、編集できるようになりました。現在のところ、定義できる CSV フォーマットの種類は 8 個までとなっています。区切りには、39文字までの文字列を指定できます。[2重引用符内の区切り文字を許可]、[2重引用符内の改行を許可] チェック ボックスが追加され、ヘディングの行数が指定できるようになりました。
  • 設定のプロパティの [ファイル] タブに、[検出するCSV] リスト ボックスが追加され、[CSV (カンマ区切り) を検出] チェック ボックス、[CSV (カンマ区切り) を検出] チェック ボックス、[DSV (ユーザー定義区切り) を検出] チェック ボックス、[区切り] テキスト ボックスは廃止になりました。
  • [検索] ダイアログに [抽出] ボタンが追加されました。[抽出] ボタンを押すと、検索文字列を含む行を抽出して新規作成します。

正式版の公開前にできるだけ多くの不具合を発見したいため、このベータ版をお試しいただき、不具合が見つかりましたらご報告していただけますようお願い申し上げます。

ダウンロードや変更点は、ベータ版フォーラムの「EmEditor v14.6.0 beta 1 を公開しました」をご覧ください。

今後も EmEditor を引き続きご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください