EmEditor icon

EmEditor Professional v10.0.5 を公開しました。

本日、EmEditor Professional v10.0.5 (正式版、および体験版) を公開しました。

v10.0.4 からの主な変更点は、次の通りです。

– Text設定にテンプレートを指定すると、スニペットの編集でテンプレートの内容が挿入されてしまう不具合の修正。
– 大きなファイルの UTF-8 の自動検出がうまく動作しないことがある不具合の修正。
– 固定箱型選択の解除後の動作の修正。
– 対応する括弧を強調する設定のときに、改行マークが一時的に表示されないことがある不具合の修正。
– 更新チェックを行わない設定の場合、eeupdate.exe を起動するのを止めました。
– file:// で始まるファイルが相対パスでも開けるようにしました。
– ファイルから検索で、4G 以上のファイルが対象のときに、メッセージを表示せずに、ファイルの最初の一部だけが検索されることがある不具合を修正しました。
– 正規表現を使用する検索で、[一致する文字列を数える] がチェックされている場合、[上を検索] をクリックした場合に、検索文字列の数をカウントしないことがある不具合の修正。
– [正規表現で検索する追加行数] が 1 以上の場合で、正規表現検索時に、条件によっては、[文末まで検索したら文頭に移動する] がチェックされていても、正しく文末から文頭に移動しないことがある不具合の修正。
– [正規表現で検索する追加行数] が 1 以上の場合で、正規表現検索時に、条件によっては、改行の連続 (“nn”) が正しく検索できないことがある不具合の修正。
– /sp オプションで使ってプロセスの異なる EmEditor ウィンドウの間でタブをドラッグ & ドロップしようとすると、メッセージ ボックスが表示されると同時にマウスが効かなくなり、キーボードでしか操作できなくなることがある不具合の修正。
– 韓国語、繁体字中国語、簡体字中国語ユーザー インターフェイスを追加しました。

【ダウンロード方法】

既に、EmEditor Professional 10.0.x をお使いの場合、[ヘルプ] メニューから [更新のチェック] を選択して、最新版に更新していただけます。まだお使いでない場合、正規ユーザーの方は、エムソフト カスタマー センターhttps://support.emeditor.com/?lid=2 にログインしてから、「利用可能なダウンロード」をクリックすることにより、ダウンロードしていただけます。

【ご注意】

体験版と正式版は別のプログラムになってます。体験版は、登録キーを入力することができません。v8 以下、v9、v10 は、それぞれ登録キーが異なります。v10 をご利用になるためには、v10 用の登録キーが必要です。EmEditor Professional を購入された登録ユーザーの方は、エムソフト カスタマー センターhttps://support.emeditor.com/send_keys.php?lid=2より v10 の登録キーを要求していただけます。

【SHA1 ハッシュ値とバイト数】

体験版 (インストーラ、32ビット): E2A9440B4D6F198149D25DF50E12170DABA3AE04 (10,041,480 bytes)
正式版 (インストーラ、32ビット): 052203FBF34D4E589BA9FE00D681C1EEC6540036 (10,677,976 bytes)
正式版 (インストーラ、64ビット): 54E720DCF6D98E808E4FF04EF3EAE89B2F1A980E (11,542,408 bytes)
正式版 (ポータブル版、32ビット): AC127901E5BDDCA121A3A9DFF67AE798FDD08BFE (8,213,033 bytes)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください