フォーラムの返信を作成しました。

1 件の投稿を表示中 (合計 6 個)
  • 作成者
    投稿
  • Thomas
    参加者

    不確実な情報にもかかわらず、対応していただきありがとうございます。
    確認してみます。

    Thomas
    参加者

    お世話になります。
    なぜか今日は発生しません。
    48時間以上連続動作後のファイルオープンでしたので、今、考えるとOSのバグによる可能性が否定できません。
    (長期間電源を入れたままにすると、アイコンサイズが変更されたり、ファイルが消失したりするバグが改善されていません。
    対策として席を外すときにはIE11の空白タブを全画面表示させてしのいでいます。)

    一応当時の状況を記述しておきます。
    条件は以下の通りです。
    機種:SONY VAIO
    型式:VPCEB39FJ
    CPU:CORE i5
    OS:windows7 Home Premium x64 SP1

    ファイルの存在位置: C drive内、マイドキュメント直下
    File size: 436,316 bytes 1656 lines
    引用符内に記述してあるドライブ名: F  (USBメモリ、USBHDDが該当、メッセージ発生時は取り外した(ドライブが無い)状態。)
    接続があって当該フォルダ・ファイルが存在する場合は当然エラーになりません。
    NGファイル内容の一部は以下のとおり
    mkdir “F:\Backups\Documents\barcode”
    mkdir “F:\Backups\Documents\Favorites”
    copy “C:\Users\Tomoya Arii\Documents\2014年賀状TEST1.ptc” “F:\Backups\Documents\2014年賀状TEST1.ptc”
    del “F:\Backups\Documents\「創造」するマネジメント15.「問い」を変えると、組織が変わる.docx”

    ちなみに、ドライイブ、ファイルが存在すれば、以下のようなネットワークドライブのアドレスを記述してある場合でも問題なしでした。
    rmdir “\\LS-VLB16\sys-backup\Documents\Visual Studio 2010\Projects\PointGetter\PointGetter\bin\x86\Debug\20140325122922”
    copy “C:\Users\Tomoya Arii\Documents\desktop.ini” “\\LS-VLB16\sys-backup\Documents\desktop.ini”

    返信先: 置換・検索ウインドウの動作 #11276
    Thomas
    参加者

    返信が遅くなりました。

    12.0.0で確認しました。ありがとうございました。

    Thomas
    参加者

    つまり、同じ設定を利用しても、エンコードごとにフォントが異なるということですね。

    そうすると「エンコードの定義」にutf**の設定が無く、新規作成でも選択できないのはなぜでしょう。

    Thomas
    参加者

    よろしくお願いします。

    追加報告(1)
    すでに、確認済みだとは思いますが、自宅で32bit版の9.01でテストしたところ、こちらも同じ結果になりましたので、一応報告させていただきます。

    追加報告(2)
    本件の症状発生状態で、マウスをウインドウ外側の上下左右に移動させると、それぞれの方向に画面がスクロールするようです。
    64bit版で確認。32bit版では未確認

    Thomas
    参加者

    すいません自己解決しました。
    正規表現を使い
    [^[:print:]]
    で検索すると”漢字記号”と、”該当の文字”が引っかかっていました。
    長音(ー)、矢印(←↑↓→)、丸印(○)などの漢字記号がたくさん混ざっていたので見落としていました。
    しかし、漢字記号が[:print:]の対象にならないとは・・・。

1 件の投稿を表示中 (合計 6 個)