15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全21件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3975

    Yutaka Emura
    キーマスター

    EmEditor Professional v7.00 alpha 1 を公開しました。

    ダウンロード: http://www.emeditor.com/pub/emed700a1jpx.msi

    主な変更点は次のとおりです。

    – 巨大ファイルの読み込み中でも、マルチスレッドにより、表示・編集できるようになりました。

    – [カスタマイズ] ダイアログの [高度] タブに [変更されていない行を元のファイルから読む] チェック ボックスを追加し、読み込み速度を最適化。

    – より大きなファイルを編集できるようになりました (利用可能メモリに依存)。

    -「マイ マクロ」の一覧に簡単にアクセスできるマクロ ツール バーを追加しました (通常のツール バーにも任意のマクロ ボタンを追加可能)。

    – マクロ ボタンのアイコン、タイトル、ツールチップは変更可能 (#icon 指示子、#title 指示子、#tooltip 指示子)

    – [ツール バー] ダイアログ ボックスに [マクロ ツール バーを表示する] チェック ボックスを追加。

    – [検索] ダイアログ ボックス、[置換] ダイアログ ボックスのサイズを変更できるようになり、複数行の検索をエスケープ シーケンスを使用せずに実行できるようになりました。

    – 編集中に異常終了した場合や、Windows の自動アップデートなどで強制再起動する必要がある場合、ダイアログ ボックスを表示しないで、自動的に編集中のファイルを「AutoSave-」が付いたファイル名で保存するようになりました。また、EmEditor の再起動後にファイルが自動保存されている旨のメッセージが表示されるようになりました。

    – ファイルを読み込んだ後にステータス バーに表示するバイト数を、必要に応じて KB、MB、GB 単位の両方で表示するようになりました。

    – [マクロ ツール バー] コマンド、[ツール バーを最新の情報に更新] コマンドを追加。

    ※注意
    alpha 版のため、不具合が発生することがありますのでご注意ください。

    今後、機能を追加していく予定です。ご意見がありましたら、ここにコメントを書いてください。
    よろしくお願いします。

    #3978

    oka
    メンバー

    okaと申します。

    Ver7の作成、お疲れさまです。
    まだまだalpha版ということで今後の機能追加が楽しみです。

    さて、もし可能であれば、Ver7に合わせて以下の件も対応して頂ければ幸いです。
     ML:04504 前の文書・次の文書コマンドについて
     ML:04198 ブックマーク・修正済行番号の表示について

    #3979

    Yutaka Emura
    キーマスター

    追記です。

    – 検索、置換ダイアログがリサイズできるようになる、というのは、日本語版では、実装されていませんでした。次の alpha 2 までお待ちください。

    – トリプル クリックで、行選択ができるようになりました。

    – EmEditor Professional v4 ~ v6 からのアップグレードは無料です。

    #3980

    ShuHei
    メンバー

    お世話になってます。

    マクロツールバーの#title 指示子、#tooltip 指示子に関しては
    デフォルトでファイル名が設定されるようにしたほうが良いかと思います。
    設定すればいいだけの話ですが、ずらっと無名のアイコンが並ぶのはちょっとびっくりします。
    (まぁ、ステータスバーにはファイル名が表示されているんですが。)

    個人的にはマクロ部分が個人で拡張できれば非常に嬉しいです。
    よく使う関数などをCで作っておいて登録できれば、
    かなり痒いところまで手が届きますし、マクロの自由度
    、実用性がさらに高まると思います。

    参考までに、phpのextensionを作る記事を張ります。
    http://www.whenpenguinsattack.com/2006/11/15/how-to-write-php-extensions/
    http://dsas.blog.klab.org/archives/50777398.html

    是非、前向きにご検討していただければと存じます。

    #3981

    yunoki
    メンバー

    間違えて、バイナリファイルを選択してしまって、キャンセルしようとした場合に、EmEditorごと落ちてしまうようです。

    ご確認お願いします。

    #3982

    yunoki
    メンバー

    ほぼ同じ構成の別のマシンで確認すると、再現しませんでした。

    不具合を報告した時点で使っていたPCについては、再現率100%でした。(テキストファイルとを開いた場合には通常通り開いていました。)

    #3983

    naya
    参加者

    Version 7.00 alpha 1

    拡張子phpのファイルをWクリック(または右クリックメニューのEmEditor)で開いたら,

    “0x0100dc8c”の命令が”0x00000124″のメモリを参照しました.
    メモリが”read”になることはできませんでした.

    となり,開けません.再現性100%です.拡張子phpは,WindowsXP(SP2)でEmEditorに関連付けています.
    拡張子txtやhtmllだと大丈夫です.

    Version 6.00.2に戻して再起動しても,直りません.こまりました・・・
    (今朝Version 7.00 alpha 1を入れる前から起こっていた問題かは不明です.)

    #すみません,タイトル間違ってましたので,
    「Re: エクスプローラプラグインの不具合」から
    表題に変更しました(16:30)

    #3984

    naya
    参加者

    EmEditor 文字コード指定プラグイン(encoding.dll)が引っかかっていたようで,
    これを無効にしますか?と聞かれたので,「はい」にしたら
    直りました.

    お騒がせしました・・といいたいところですが,今まで問題なかったのに
    突然こうなったのがまだ少し不思議です・・・

    ちなみに,EmEditorを開いて,真っ白な画面にphpファイルをドラッグしても
    同じエラーで落ちていました.

    #3985

    naya
    参加者

    先ほどのphpファイルを開くと落ちる問題でプラグインを外すことで解決したので
    Version 7.00 alpha 1に戻しました.
    (6.00.2→7.00 alpha 1→6.00.2→7.00 alpha 1と入れ替えました)

    2回目に7.00 alpha 1をセットアップする際,インストーラがバージョンアップで
    なく「修復」をするよう促してきましたが,何か変だと思います.
    修復を選んで「完了」を押したらちゃんとバージョンアップされましたが,
    1回目に7.00 alpha 1をセットアップした際には,修復なんていわれなかった
    ものですから,念のためご報告します.

    #3986

    yunoki
    メンバー

    ファイルから検索を使用したところ、中身のない0バイトのファイルを検索対象とした時点で検索が中断しているようです。

    検索結果の一覧にもエラーの旨が表示されています。

    中身のないファイルを探すという目的ならこれでよいとは思いますが、対象文字が含まれていることを調べたい場合には、不都合ですので、ご確認いただければと思います。

    #3989

    Yutaka Emura
    キーマスター

    確かに、0 バイトのファイルだと、「failed to open」と表示されてしまいますが、ファイルから検索は継続しています。だから、他にも、一致するファイルが存在すれば、結果を表示します。ただし、これはわかりにくいので、調整します。ご報告ありがとうございます。

    #3990

    Yutaka Emura
    キーマスター

    #title 指示子が省略されている場合は、既定では、ファイル名が表示されるようにするつもりだったのですが、うまく働いていないようです。修正しておきます。

    alpha 1 は、まだまだ、本当に実装したい機能が入っていません。これからどんどん拡張していきます。

    #3991

    yunoki
    メンバー

    継続していたんですね。
    自分が何度か現象を確認したときがたまたま最後にエラーが該当しただけだったようで勘違いしておりました。

    対応よろしくお願いします。

    #3992

    yunoki
    メンバー

    改行コードがLFのみの状態でマクロを保存した場合に、実行はされるのですが、指示子の解析がうまくいっていないように思います。マクロツールバーで、ソースがタイトルとして読み込まれたりしました。

    #3995

    yunoki
    メンバー

    以前からの仕様のようなのですが、要望です。

    過去に使用済みのマクロファイルを直接削除した場合に、マクロの一覧に名前だけが残ってしまいます。

    それを選択して実行しようとしたときになって、初めて、そのファイルがないことの警告と、登録抹消がされるわけですが、
    ・EmEditor起動時
    ・マクローカスタマイズ の編集時
    などのタイミングなどで、事前に自動削除してもらえると嬉しいです。

    現在のマクロの管理方法ですと、マクロを1つ消去したい場合は、
    ・ファイルを直接削除
    ・登録内容をマクローカスタマイズから選択して削除
    の2手が必要になるとおもうのですが、1手で削除できる方法を実現していただけたらと思います。

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全21件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。