EmEditor Logo

既知の不具合と現在のステータス

本ページでは、現在のバージョンの不具合とその修正ステータスについての情報をお知らせします。この情報は、頻繁に更新されます。

Version 20.9.2

  • 既知の不具合はありません。

Version 20.9.1

  • Windows 7 のみ: EmEditor の中から更新しようとすると、「コンピューターに api-ms-win-core-path-l1-1-0.dll がないため、プログラムを開始できません。」というメッセージが表示されて更新できない。
    ステータス: v20.9.2 で修正されました。この問題を回避するには、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。
  • [プラグインの設定] ダイアログ ボックスで OK をクリックすると、アウトライン ガイドが消える。
    ステータス: v20.9.2 で修正されました。
  • スニペット プラグイン: 各スニペット項目のプロパティで [OK] または [編集] ボタンをクリックすると、テキストが長く、非アスキー文字が含まれている場合に、テキストが正しく保存されない。
    ステータス: v20.9.2 で修正されました。
  • スニペット プラグイン: 非アスキー文字列でトリガーしない。
    ステータス: v20.9.2 で修正されました。
  • エクスポート/インポート ウィザード: [すべての設定を INI ファイルにエクスポートする] を選択すると、パスを設定した後にもう一度フォルダーを参照するダイアログが表示される。
    ステータス: v20.9.2 で修正されました。
  • CSV ファイル タブをクリックすると、ファイルのパスがセルに貼り付けられる。
    ステータス: v20.9.2 で修正されました。

以前のバージョン

  • 一部の以前のバージョンの EmEditor で、インストール パスにスペースが含まれている場合、EmEditor の中から更新しようとすると、更新できないことがある不具合がありました。この問題を回避するには、最新版をダウンロードして、そのダウンロードしたインストーラーを実行してください。