6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #7877

    snow
    参加者

    選択テキストをgoogleで検索し、リンクを抜き出して新規テキストに書き出すだけです。

    (function(s) {
    if (!s) return;
    var req = new ActiveXObject(“Microsoft.XMLHTTP”);
    req.open(“get”, “http://www.google.co.jp/search?num=50&q=” + encodeURIComponent(s), false);
    req.onreadystatechange = function() {
    if (req.readyState != 4) return;
    editor.newFile();
    var t = “”;
    var r = req.responseText.replace(/|/g, “”);
    for (var i = 0, ms = r.substring(r.indexOf(“検索結果”)).match(/).)+?); i++) {
    m.match(/”(http[^”]+)”[^>]*>([^<]*)/im); if (!RegExp.$2 || RegExp.$2 == "キャッシュ") continue; t += RegExp.$2 + "nt" + RegExp.$1 + 'n'; } document.write(t); } req.send(null); })(document.selection.text);

    #7906

    okita
    参加者

    参考にさせていただきました。というかほとんどそのままですが。
    Google翻訳 英語->日本語

    (function(s) {
    if (!s) return;
    var req = new ActiveXObject(“Microsoft.XMLHTTP”);
    req.open(“get”, “http://ajax.googleapis.com/ajax/services/language/translate?v=1.0&q=” + encodeURIComponent(s) + “&langpair=en%7Cja”, false);
    req.onreadystatechange = function() {
    if (req.readyState != 4) return;
    editor.newFile();
    var r = req.responseText.replace(/{“responseData”: {“translatedText”:”|”}, “responseDetails”:..*/g, “”);
    document.write(r);
    }
    req.send(null);
    })(document.selection.text);

    #8252

    DosDos88
    参加者

    面倒くさがり屋の私の場合はリンクをテキストに書き出さなくても差し支えない事が多いので、マクロの代わりに[外部ツールの設定] コマンドで、以下のように済ませちゃってます。

    ・選択テキストをインターネット エクスプローラからGoogleで検索
     (WindowsXP(HOME)SP3、EmEditor Professional Version 8.06、Internet Explorer 7.0.5730.13で確認)

    [コマンド] C:Program FilesInternet ExplorerIEXPLORE.EXE
    [引数] “http://www.google.com/search?lr=lang_ja&q=$(CurText)”
    [アイコン パス] C:Program FilesInternet ExplorerIEXPLORE.EXE

    ・選択テキストをGoogle ChromeからGoogleで検索
     (WindowsXP(HOME)SP3、EmEditor Professional Version 8.06、Google Chrome 3.0.195.27で確認)

    [コマンド] C:Documents and Settingsユーザ名Local SettingsApplication DataGoogleChromeApplicationchrome.exe
    [引数] “http://www.google.com/search?lr=lang_ja&q=$(CurText)”
    [アイコン パス] C:Documents and Settingsユーザ名Local SettingsApplication DataGoogleChromeApplicationchrome.exe

    #8269

    takuya
    参加者

    外部ツールを使うのであれば、もっとシンプルです。

    “http://” で関連づけ設定されるはずなので、もっとシンプルで良いと思います。

    [コマンド] “http://www.google.com/search?lr=lang_ja&q=$(CurText)”
    [引数] なし
    [アイコン パス] なし

    でHTTPに関連づけられたブラウザ(私の場合Opera)で開きますよ。

    #8523

    匿名

    普通の使い方ならtakuyaさんの設定がシンプルでよいですね。
    私はPortable派なので、DosDos88さんのマネして、EmEditor Portable 9.07とFireFox Portable 3.5.5でやってみました。(Win7 Pro64)

    [コマンド] ..FirefoxPortableFirefoxPortable.exe
    [引数] “http://www.google.com/search?lr=lang_ja&q=$(CurText)”
    [アイコン パス] ..FirefoxPortableFirefoxPortable.exe

    ポータブルだと相対パスになるんですね。賢いぞEmEditor!

    #8615

    gogogo56
    メンバー

    参考にさせていただきました。というかほとんどそのままですが。
    Google翻訳 英語->日本語 日本語->英語
    promptに結果をだし、コピー出来るようにしました

    #title = “翻訳”
    #tooltip = “google翻訳”
    (function(s) {
    if (!s) return;
    var req = new ActiveXObject(“Microsoft.XMLHTTP”);
    req.open(“get”, “http://ajax.googleapis.com/ajax/services/language/translate?v=1.0&q=” + encodeURIComponent(s) + (s.match(/[a-z0-9_]+/i) ? “&langpair=en%7Cja” : “&langpair=ja%7Cen”), false);
    req.onreadystatechange = function() {
    if (req.readyState != 4) return;
    var r = req.responseText.replace(/{“responseData”: {“translatedText”:”|”}, “responseDetails”:..*/g, “”);
    prompt(document.selection.text+”の結果”, r);
    }
    req.send(null);
    })(document.selection.text);

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone