2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #4224

    YuO
    メンバー

    EmEditor Professional 6.00.3にて,JIS X 0212の文字を含むテキストをエンコード”日本語 (EUC) (51932, euc-jp)”にて保存しようとしたところ,「この文書は、保存用に選択されたエンコードで保存すると失われてしまうUnicode形式の文字を含んでいます。」というダイアログが開きます。
    EUC-JPはG3にJIS X0212を選択した状態で使うエンコーディングだと認識しているのですが ( http://www.iana.org/assignments/character-sets ),それと異なる結果が得られています。
    ダイアログの選択肢とは異なりEUC-JPはサポートされていないというという結論付けたのですが,この考えは正しいのでしょうか。
    それとも,JIS X 0212を利用可能になる何らかのオプションがあるのでしょうか (残念ながら,私には見つけられませんでした)。

    なお,利用した文字は鷗 (U+9DD7, JIS X 0212の76区34点, 「鴎」の偏が「區」になったもの) です。

    #4227

    Yutaka Emura
    キーマスター

    同じ EUC-JP でも異なる定義が存在します。現在のところ EmEditor は、Windows システムで利用できるエンコードのみをサポートしています。残念ながら、Windows で定義されている EUC-JP は、G3に JIS X0212 をサポートしていません。EmEditor の [ツール] メニューの [エンコードの定義] を選択しても、JIS X 0212 が利用できるエンコードは、[20932 (JIS X 0208-1990 & 0212-1990)] のみで、これは EUC-JP とはまた違うようです。Windows Vista でも XP でも同様のようです。しかし、次の EmEditor のメジャー バージョンでは、ほぼ確実に、このような新しいエンコードにも対応していきたいと思います。どうしてマイクロソフトは、API レベルで新しいエンコードを利用できるようにしないのでしょうね!?

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone