3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #21197

    tsurugi
    Participant

    こんにちは。
    tsurugi と申します。
    とても個人的な要望を述べさせていただきます。

    エディター機能の一つである「水平罫線」に、ルーラーの様なメモリを刻むことは出来ないでしょうか。
    どういう事かと申しますと、文書作成時に左端から何文字まで詰めているのか、と言うのが一目で確認できると便利だなあと思います。
    欲を言えば、全角文字をカウントするモード(=2バイト文字の目盛り精度とカウント数)等があると、何文字詰めてるのかが一目で分かっていいかなあと。
    凄く特殊な用途だと思うのですが、一太郎などの一般的なワープロソフトなんかでも実装しているものが無さそうなので、ひとつご検討だけいただければと思います。

    「垂直罫線」+ルーラー値で目検討つくじゃないってツッコミもあるかも知れませんが。
    まあ確かにそうなんですよね。
    百歩譲って、ルーラーの目盛りを全角カウント用に変更する、とかでも良いんですけど。
    実際に水平罫線直下に目盛りと数値を表示したら次行の文字とかぶったりして使用感(視認性)が最悪なんて事もあるかも知れませんが。
    任意の倍数で色目盛りとか、数値が無くてもいいんですけど。マウスオーバー時のみ(または特定のキー押下時のみ)目盛りに背景色付きで数値も出るとか。

    いつも要件なげっ放しで申し訳ありません。
    よろしくご検討のほどお願い申し上げます。
    今後のご発展をお祈り申し上げます。

    #21200

    Yutaka Emura
    Keymaster

    tsurugi 様

    いつも EmEditor Professional をお使いいただき、誠にありがとうございます。

    他にも多くのお客様が要望されていれば検討いたしますが、今のところ、同様な要望は少ないようです。

    代わりに、次のような方法はいかがでしょうか?

    – 設定のプロパティの記号で、「ユーザー定義ガイド」をチェックし、表示したい罫線の桁数をカンマで区切って指定します。例えば、8桁目と16桁目に罫線を表示したい場合は、「8,16」と入力します。

    – 設定のプロパティの記号で、「半角空白表示」「全角空白表示」にチェックする。記号は、カスタマイズの記号で変更することもできます。

    – カスタマイズのステータスで、「文字数」にチェックすると、選択範囲の文字数をカウントしてステータス バーに表示します。

    よろしくお願い申し上げます。

    #21202

    tsurugi
    Participant

    早速のご対応をいただきありがとうございます。
    ご提案いただいた機能を試してみました。
    素晴らしいです。ご教授いただいたアイデアで、入力行の目安を得ることができました。
    とても感謝いたします。

    また、ファイル名を正規表現で判断して設定を適用できる機能が恐ろしく便利ですね。
    以前までは拡張子を変えて対応していたのですが、ファイル名の接頭辞部分で設定を選り分け出来るのは画期的だと思いました。
    やはり、バージョンアップをしたときには機能をよく学習する必要がありますね。
    常に使っている機能が改変されたときには気付くのですが、終始お仕事でしか使わないという生活スタイルになってしまうと、普段は使わないところまでは探検(試用して動作の違いを確認してみたり)したりすることもほとんど無くなってしまいましたので……。

    今後も、良いソフトを作り続けていって下さい。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone