1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #11417

    Yutaka Emura
    Keymaster

    新年明けましておめでとうございます。平素より、EmEditor など弊社ソフトウェアをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

    本年 2013年の弊社の目標は、EmEditor Professional をより充実した使いやすい製品にしていくことです。そのため、本年も集中して開発に力を注いでまいる所存です。そこで、皆様に、私の開発状況を随時お伝えし、これまで以上にご理解を深めていただければと思い、私個人のブログを開設することに致しました。

    ブログの内容は、主に、EmEditor などソフトウェアの開発状況になりますが、時には個人的に、社会問題に関する率直な意見も書いていきたいと思います。そして、真の私の姿をお伝えできればと思います。

    私の願いは、貴重なお金でソフトウェアを購入していただいたお客様に、満足してご利用いただけるよう、充実したサポートを提供することです。そのため、ソフトウェアの開発継続に努力していきます。私は決してたくさんの収入を得て楽に遊んで暮らしたいと思っている訳ではありません。安い給料で働いている社員と私の家族をサポートするだけの収入、そして3人の息子達の将来の学費が毎月最低必要額貯蓄できれば充分です。余裕があれば、困っている人々のために寄付したいですし、ソフトウェアの価格をできるだけ安く維持していきたいと考えています。

    本年の目標である EmEditor を充実した製品にするために重要なポイントは、次の3点です。

    1つ目は、より使いやすく、編集に集中できる環境を維持、向上させること。そのため、今までになかった、より使いやすい機能を追加していく予定です。どのような機能を追加していくかについては、今後、このブログで少しずつお知らせします。

    2つ目は、巨大ファイルの編集でもストレスなく使用できるようにすることです。EmEditor は巨大ファイルを高速に開くことができることでご承知いただいていますが、開く時だけでなく、さまざまな編集動作で高速になるように努力していきたいと思います。さらに、どうしても遅くなる場合は、進捗状況を表示していつでもキャンセルできるようにします。今までも、主要な動作で進捗状況を表示してキャンセルできるようになっていましたが、それを、より多くの動作でも可能になるように、さまざまの状況を想定して対応したいと思います。

    3つ目は、安定性の向上です。多くのお客様は、高度な機能よりも安定性を重視されています。不具合を防ぐため、テストは非常に重要ですが、手動で行うテストだけではなく、重要なのは、EmEditor のさまざまな機能を短時間にテストしてくれる自動プログラムです。今までも、マクロや他のプログラムによる自動テストを利用して、単純なミスによるバグを防ぐ努力を行ってきましたが、今後もテスト用プログラムの量を大幅に増やし、コード カバレッジをできるだけ向上していきたいと思っています。昨年の v12 のリリース後、主にテスト用プログラムの開発を行っていましたが、それにより、旧バージョン (v11 以前) では発見できなかった不具合も修正することができました。今後も、コード カバレッジが100%に可能な限り近づけるよう、テスト プログラムを充実させて、安定性の向上に努力していく所存です。

    以上、最後になりますが、本年も EmEditor をより良いものにして、少しでも皆様のお仕事に役立っていただければ幸いですので、皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone