3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #22933

    qtv
    Participant

    エンコードが不明なファイルを開くと「指定したエンコードで変換できない文字が含まれています」のダイアログが表示されます。
    そこで「「一覧からエンコードを選択する」を選んでOKを押すと、「すべて自動検出の結果」のダイアログが表示されます。
    このダイアログが、ときどき画面内ではあるのですが、思ってもいない位置に表示されることがあります。
    私の環境ではモニタが3つあるのですが、一度もEmEditorのウィンドウを開いたことがないと思われる位置に表示されたりしました。

    制御できない位置ではないので困らないのですが、表示される位置にルールがあるのでしょうか?

    Version 16.1.2
    Windows10 64bit

    #22939

    Yutaka Emura
    Keymaster

    qtv 様

    いつもお世話になっております。江村です。

    ファイルの開き方は、どのようにしていますでしょうか? エクスプローラからファイルをダブルクリックしたり、右クリックしてから表示される EmEditor を選択して EmEditor を起動する場合には、Windows がウィンドウの位置を制御しますので、前回アクティブだった (EmEditor 以外の) ウィンドウが存在するモニター内に、「指定したエンコードで変換できない文字が含まれています」のダイアログが表示されると思います。

    そうでなく、EmEditor 内のファイル メニューから開いた場合には、その EmEditor のウィンドウと同じモニター内に、「指定したエンコードで変換できない文字が含まれています」のダイアログが表示されるはずです。

    ご確認いただけると幸いです。

    今後もよろしくお願い申し上げます。

    #22941

    qtv
    Participant

    ご回答ありがとうございます。

    ダブルクリックで開いていたので、Windowsが制御している方になります。
    「指定したエンコードで変換できない文字が含まれています」ダイアログの表示位置と、その次の「すべて自動検出の結果」ダイアログの表示位置が違うことがあるため、気になったのでした。
    毎回ではないので、Windows10が原因かもしれませんね。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone