1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #11506

    Yutaka Emura
    Keymaster

    日頃より EmEditor をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

    今週まで、新しい機能を 3 つほど完成させました。

    (1) [複数文書をファイルに結合] — これは、以前書いた [ファイルに分割] (その後、[現在の文書を複数ファイルに分割] に改名) の反対の機能で、現在開いている複数の文書を結合する機能です。以前から要望にあってぜひ追加したい機能でした。従来でも、コマンドラインで Copy /b a+b c というようにしてファイルを結合することはできますが、Unicode サイン (BOM) が付いていたりエンコードが異なるファイルを結合する場合には、コマンドラインで行うことができません。また、巨大ファイルを複数開いていて結合したい場合、クリップボードを介した結合が難しかったり時間がかかりすぎる場合があります。そのような場合、この結合機能を使っていただけると幸いです。

    (2) [すべてのコマンドを検索] — 従来も [すべてのコマンド] メニューがありましたが、バージョンが上がるにつれて機能が多くなり、実行したいコマンドがすぐに見つからないことがあります。そのような場合に便利なように、すべてのコマンドから検索できる機能を追加しました。これは、従来からあるキーボード マップを改良したもので、実行すると、すぐに検索ボックスにフォーカスが当たるようになり、検索結果を表示した後、↓キーを押して検索リストに移動することができるようになりました。そして、検索結果から目的のコマンドを選択して Enter を押すことにより目的のコマンドがすぐに実行できるようになります。さらにこのウィンドウがモードレスになり、一覧にはツール バーのアイコンも表示するようになりました。

    (3) [すべてエンコードを指定して保存] — 以前から多かった要望の 1 つは、複数のファイルのエンコードを一度に変換したいというものでした。現在でも、マクロを使用してエンコードの変換を行うことができますが、あまり慣れていないお客様にマクロをおすすめすることが難しい場合がありました。エンコードを変換したいファイルをあらかじめ開いておいてから、この新機能を実行すると、保存先フォルダ、エンコード、改行方法を指定するダイアログが表示され、エンコードなどを指定してから OK をクリックするだけで、すべての開いているファイルのエンコードが変換できるようになります。

    以上の 3 つの新機能は、DLL として本体から切り離して実装されており、EmEditor 本体の軽さを損なうことがないように設計されています。

    今のところ、4月には正式版をリリースすることが目標で、そろそろ機能を固定してまもなくベータ版の公開を行いたいと思います。

    これからも皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone