7件の投稿を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #4456

    naya
    参加者

    nayaと申します(Version 6.00.4)。

    検索の強調機能を活用して、任意の複数のキーワードに蛍光ハイライトをつけるプラグインがあったと思いますが、みかりません。どこにありますか。

    毎日配信されてくる超長文メールマガジンに含まれる特定キーワードに蛍光ハイライトをつけて読みたいのです。正規表現ONで、キーワード1|キーワード2|キーワード3と検索すればいいですが、いずれは、履歴から消えてしまいます。

    document.selection.Find(“キーワード1|キーワード2|キーワード3”,eeFindNext | eeFindReplaceRegExp);

    とマクロで残してもいいのでしょうが、どういう気の利いたプラグインだったかを確認したいです。

    あとGoogleツールバーのようにキーワード別にハイライト色は変えられませんか?キーワード1は黄緑、キーワード2は水色、キーワード3は黄色、のように。

    また、その他にもいい方法あったらアドバイスお願いします。

    #4457

    matsuuchi
    メンバー

    松内です。

    プラグインの方は使った事がないのでわかりませんが、最後の複数キーワードの複数色表示は使っています。

    設定のプロパティの「表示」タブところで「検索色」を三つなら「3」に設定して、「指定する部分」のリストビューの一番下にある「検索した文字列(1)」「検索した文字列(2)」・・・をそれぞれ選択して[背景色]ボタンで色を指定します。

    「検索した文字列(1)」が黄緑色
    「検索した文字列(2)」が水色
    「検索した文字列(3)」が黄色だったら、
    検索すると黄緑色になり、次のキーワードを検索すると、今迄黄緑色だったキーワードが水色になり、最新のキーワードが黄緑色になり・・・と順次変わって行くのが便利で気に入っています :-)
    # ジャマになったらAlt+F3で強調表示解除

    #4458

    naya
    参加者

    松内さん、早速のご教示ありがとうございました。

    >「検索色」を三つなら「3」に設定して、「指定する部分」の
    >リストビューの一番下にある「検索した文字列(1)」「検索した文字列(2)」
    >・・・をそれぞれ選択して[背景色]ボタンで色を指定します。

    おお すごい
    こんなことできるのですね。まったく知りませんでした。

    document.selection.Find(“キーワード1|キーワード2|キーワード3”,eeFindNext | eeFindReplaceRegExp);

    だと、全て同じ色になってしまうので、

    document.selection.Find(“キーワード1”,eeFindNext);
    document.selection.Find(“キーワード2”,eeFindNext);
    document.selection.Find(“キーワード3”,eeFindNext);

    とやったら、要望実現しました。

    それと・・・
    松内さんのを試していて、たまたま 気づいたのですが
    設定のプロパティの「強調(1)」タブでも元質問を実現できることがわかりました。こちらは、一括ON/OFFが利かないですし、強調パターンも10種類しか選べないのでとりあえず今回は使いませんが。。。
    (余談ですが、HTMLで「 」の「&」が黄色くなる設定がここだと初めて気づきました。なるほど。)

    #4459

    matsuuchi
    メンバー

    松内です。

    「強調(1)」タブも、nayaさんみたいに正規表現を使われるんだったらいろいろできますよね!!

    イレギュラーな使い方ですが、僕はいつも決まったキーワードを色分けするのには「強調(1)」タブを使っています。
    しかし、nayaさんの仰る通り10個迄しか登録できないので、設定定義を造設しています。

    メニューバー>ツール>設定の選択>設定の定義で、「テキスト」をコピーして「エラーlog」「アクセスlog」のような感じで設定を作って、それは色分け表示専用に割り切って、キーワードを登録して色分けしています。
    これをやると「表示」タブの「強調文字列(1)」等の色やフォントスタイル等も遠慮なく(通常のテキスト表示を意識せず)カスタマイズ出来るのが気楽で好きです :-)

    #4460

    naya
    参加者

    > 10個迄しか登録できないので、設定定義を造設しています。

    10種類しかバリエーション(文字色、背景色)がない、という意味でしたが登録自体も10種類しかできないのですね(あんまり多く登録できても重くなるからだけでしょうが)。

    >設定を作って、それは色分け表示専用に割り切って

    なるほど。素晴らしいアイデアですね。わたしもそれをやらせていただきます。

    メールソフトのメール一覧で、メールアイテムをダブルクリックすると、そのメールが、txtファイルとしてEmEditorで開かれるようにしているのですが、コマンドラインオプションなどで、’設定の定義’ を指定して開く、なんてことができると嬉しいんですけど。

    C:Program FilesEmEditoremeditor.exe /log とやると、logファイルとして開くみたいな。

    #4461

    tTt
    メンバー

    「EmEditor ヘルプ – 使い方 – ファイル操作 – コマンド ラインを指定するには」に設定を指定して開くコマンドがありますよー

    それか、そのメールを開いたときのファイルの拡張子をlogの設定に関連付けするとかでどうでしょうか(登録されていない拡張子だとtextが使われるはずなので)

    #4462

    naya
    参加者

    nayaです。tTtさん、補足ありがとうございました。

    > 「EmEditor ヘルプ – 使い方 – ファイル操作 – コマンド ラインを
    > 指定するには」に設定を指定して開くコマンドがありますよー

    そこを確認したうえで発言したのですが、わたしの目は節穴でした。。。

    まとめると、次のような設定をすることで表題の件、解決しました。

    (1) ツール>設定の選択>設定の定義で、「テキスト」をコピーして「eml」という設定を作り、
    キーワードを登録+ハイライト色を設定

    (2) Becky!+BkMailOpen プラグイン(http://blog.so-net.ne.jp/akihitof/archive/c143718)で
    C:Program FilesEmEditorEmEditor.exe /c “eml”
    と設定する
    ※Becky!自体にもキーワード色分け機能はありますが、背景は塗れず、個人的にはあまり使っていません。

7件の投稿を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone