5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #4044

    yunoki
    メンバー

    最近使ったファイルのうちの、複数のファイルを開きたいときに、簡単に開けるようにしたいのです。

    最近使ったファイルのリストのタグジャンプファイルが作成できれば便利かなと思い、マクロを組んでいるところなのですが、行き詰ってしまいました。

    アドバイスよろしくお願いします。

    #4047

    takuya
    参加者

    こんな感じかな?

    履歴を新規ドキュメントに出力することは出来るのですが。
    ファイルから検索結果みたいにクリック可能文字列にする方法がわかりませんでした。クリック出来ないと意味無いですよね。すいません

    //履歴一覧を新規ドキュメントに出力

    //履歴を配列で
    function RecentHistory(){
    WshShell = new ActiveXObject( “WScript.Shell” );
    var filenames = Array();
    var reg = “HKCUSoftwareEmSoftEmEditor v3Recent File ListFile”;
    try{
    for ( var i=1;;i++ ){
    filenames[filenames.length] = WshShell.RegRead( reg+i );
    }
    }catch( e ){
    //
    }
    return filenames;
    }
    //新規Document
    Window.Editor.NewFile();
    doc = Editor.Documents.Item( Editor.Documents.Count );
    doc.write( RecentHistory().join(“(1):n”) );

    #4049

    匿名

    document.HighlightTag = true;
    でタグ強調できます。

    似たような機能のマクロ使ってたのですが、先越されちゃいました^^;
    私は、新規ドキュメントではなくポップアップメニューでやってます。

    #4057

    takuya
    参加者

    >perlerさん
    ありがとうございます。タグジャンプでマニュアル検索してたからわからなかった。助かりました。

    ちゃんとタグジャンプ出来るファイル履歴一覧マクロに改良ししてみました

    //履歴一覧を新規ドキュメントに出力

    //履歴を配列で
    function RecentHistory(){
    WshShell = new ActiveXObject( “WScript.Shell” );
    var filenames = Array();
    var reg = “HKCUSoftwareEmSoftEmEditor v3Recent File ListFile”;
    try{
    for ( var i=1;;i++ ){
    filenames[filenames.length] = WshShell.RegRead( reg+i );
    }
    }catch( e ){
    //
    }
    return filenames;
    }
    //新規Document
    Window.Editor.NewFile();
    doc = Editor.Documents.Item( Editor.Documents.Count );
    doc.write( RecentHistory().join(“(1):n”) );
    doc.write( “(1):n” );
    doc.HighlightTag = true;

    #4058

    yunoki
    メンバー

    takuya さん、perlerさん、ご協力ありがとうございました。
    まさに期待通りのものに出来上がっています。

    これをベースに応用も利きそうなので大事に使わせていただきます。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。