1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #8236

    mizukyf
    参加者

    ファイルを開く際のエンコードの自動検出&プレビュー付き選択機能があることは、EmEditorの優れている点のひとつだな、と常々感じているところですが、この機能──この機能のインターフェースには不満もあります。

    その選択画面EmEditor9では「すべて自動検出の結果」という不思議なウィンドウタイトルになっていますが、それはそれとして、このウィンドウ内のエンコード選択欄が狭く、縦幅およそ4行弱程度しかありません。

    このため、エンコード不明のファイルを開く際、取っ替え引っ替え試すために「もしかしたらあのエンコード? で、あのエンコードはどこにあったかな~」と探すのに苦労することがあります。見通しがきかずあとどれくらいスクロールしたらよいか加減が決められませんし、狭い画面なのでスクロールしていると気付かず通り過ぎてしまうこともあります。

    すべてのエンコードを一覧のもとに表示するわけには当然行きませんが、選択欄を広くする、エンコードをカテゴリごとに分類表示する、など何か工夫ができないかな、と感じています。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone