15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全19件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #10315

    Finch
    Participant

    WindowsXP 32bit で Ver. 10.0.1 から、自動更新メッセージ経由で Ver. 10.0.7 にバージョンアップしました。
    すると、起動は問題無くできる物の、テキストファイルを開くと
    「プログラムファイルが壊れているので、アンインストールしてインストールしなおすように」という旨のエラーメッセージが表示され、落ちます。
    指示通り、アンインストール、再インストールを行っても同様です。
    現在 Ver. 10.0.1 に戻して使用していますが、その限りでは問題無く利用できます。

    ご報告まで。

    #10316

    ozspeed
    メンバー

    10.0.7については同様です。

    自分の場合は10.0.5に戻して、問題無く使っています。

    #10317

    Yutaka Emura
    キーマスター

    Finch 様、ozspeed 様

    いつも EmEditor Professional をお使いいただき、誠にありがとうございます

    こちらでは再現できないのですが、同様な現象のご報告はメールでも伺っております。

    インターネットのキャッシュなどでダウンロードされたファイルが壊れている可能性がありますので、ダウンロードされたファイルのSHA1 ハッシュ値とバイト数をご確認いただけますでしょうか? これらの値は、 http://jp.emeditor.com/modules/news/article.php?storyid=150 に表示しています。更新時のダウンロード場所は、EmEditor のヘルプ メニューの [更新チェッカーのカスタマイズ] でご確認いただけます。

    また、 http://jp.emeditor.com/modules/download2/rewrite/tc_2.html にある手順でデジタル署名をご確認ください。もし、ファイルが壊れているようでしたら、ブラウザをクリアしてから、エムソフト カスタマー センターよりログインして、再びダウンロードを行い、ファイルが壊れていないことを確認してから、インストールしていただけますようお願いいたします。

    大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

    #10320

    hn2
    メンバー

    こちらでも、この不具合を再現しました。
    ホストマシンのWin7 x64上では再現しませんでしたが、
    VMware 上のゲストマシンのWinXP x64上で試してみたところ再現しました。

    Finchさんは「テキストファイルを開くと‥」と書かれていますが、
    正確には、「EmEditorを起動して数十秒経過すると‥」だと思います。

    EmEditor はインストール後、シリアル番号未登録の状態だと、
    数十秒後にシリアル番号の入力を促すダイアログが自動で表示されますが、
    今回の不具合の挙動から察しますと、おそらく、そのライセンスチェック絡みの不具合だと思われます。

    私が修正依頼したメニューの不具合の件は v10.0.7 で修正されていました。
    ありがとうございます。

    #10325

    Yutaka Emura
    キーマスター

    hn2 様

    いつも EmEditor Professional をお使いいただき、誠にありがとうございます

    これは、ライセンス チェックではなく、EmEditor 起動時に emeditor.exe などの重要なファイルが壊れていないかどうか、デジタル署名のチェックを行っていますが、この部分に問題が発生しています。この部分のプログラム自体は、v10.0.0 からまったく変わっていないのですが、デジタル署名のための証明書を更新したため、新しいデジタル署名に問題が発生しているようです。こちらで使用している複数マシンや Virtual PC ではまったく問題なく、問題が発生していないお客様も多数いらっしゃいますので、一部の環境で、デジタル署名が確認できないという状況になっているようです。

    このデジタル署名のルーチンを完全にスキップするようにして、次のマイナー バージョンを数時間以内に公開する予定です。

    大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

    #10334

    Finch
    Participant

    江村様

     ver 10.0.8 に更新したところ、問題無く動作いたしました。
     迅速なご対応、誠に有り難うございます!

    Finch

    #10336

    yamatake
    Participant

    ver.10.0.7のこの不具合情報を見て新バージョンの導入を保留し、
    問題を解決したとされるver.10.0.8を導入したのですが、hn2さんの先の報告と同じように
    「EmEditorを起動して数十秒経過すると‥」「シリアル番号未登録の状態だと数十秒後に
    シリアル番号の入力を促すダイアログが自動で表示される」タイミングで
    「プログラムが壊れています‥」のメッセージが表示され強制終了してしまいます。

    こちらの環境は
    ・実マシン(VMware上でない)WindowsXPSP3(32bit)
    ・起動させようとしたバージョンはver.10.0.8のポータブル版、また、インストーラ使用の
     32bit版でも同様の現象が起きることを確認
    ・アンチウイルスソフトはver.10.0.7の更新情報で記述のあるavast!ではなくNOD32
    ・インストールした場所はC:Program Files以下ではなく自分でオンラインソフト用に
     まとめた別のフォルダ
    ・ver.10.0.8のポータブル版および32bitインストーラファイルのSHA1ハッシュ値と
     バイト数もサイトにあるものと一致しているところまで確認
    以上です。

    今まではver.10.0.6ポータブル版を使っており、これ以上バージョンを上げなければ
    問題なく動作しております。引き続きこれ以降のバージョンで更新する際に
    なにか問題が起きなかったか、確認および改善して頂けるようよろしくお願いします。

    #10337

    Yutaka Emura
    キーマスター

    yamatake 様

    いつも EmEditor Professional をお使いいただき、誠にありがとうございます。

    大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、これは環境に依存する問題だと考えられます。NOD32 は一度無効にして試していただけますでしょうか? それ以外にも同時に使用しているソフトウェアがあれば外してお試しください。

    Windows タスクマネージャーのプロセス タブで、実行ファイルのパスが表示できる状態にしておき、また、EmEditor を起動直後に本当に実行されている emeditor.exe が、目的の 10.0.8 のものかどうかを確認していただけると幸いです。

    どうぞよろしくお願い申し上げます。

    #10340

    hn2
    メンバー

    開発お疲れ様です。
    私の仮想マシン上のWinXP x64 では、v10.0.8にアップデートする事によって、
    「プログラム ファイルが壊れています」のメッセージは表示されなくなりました。

    少し気になったので調べてみましたが、江村さんの仰る通り、デジタル署名が怪しいようです。
    今回のエラーメッセージが表示されるようになる前のバージョンである v10.0.6 の、
    EXEインストーラ版を、仮想マシンにコピーし、SHA-1 を調べ、
    ハッシュ値がEmEditor公式サイトに記載されているものと合致しているのを確認し、
    右クリックのプロパティからデジタル署名を調べても、
    「このデジタル署名は問題ありません」となっていますが、
    v10.0.7 以降のEXEインストーラは、SHA-1 は合致していて、問題が無いものの、
    プロパティからデジタル署名を確認すると、
    「署名にある証明書を検証できません」と表示されます。
    参考になれば幸いです。

    #10341

    yamatake
    Participant

    こちらから使用に影響を与えそうなアプリとして、まずご指摘のNOD32(4.2.52.0)と、
    使用しているファイアウォールであるOutpostFirewall(6.73.3063.11009)
    (XP付属のそれは無効にしてある)の保護を停止しましたが状況は改善されませんでした。

    また、「Windows タスクマネージャーのプロセス タブで、実行ファイルのパスが
    表示できる状態~」という方法が恥ずかしながら分かりませんものでしたので、
    同種のProcessExplorer(14.12)というアプリで調べましたが、エラーが出て消滅するまでの
    emeditor.exeの実行ファイルとその作業パスはインストールした箇所のそれであること、
    またそのバージョンはたしかに10.0.8であることまで確認できました。

    複数のセキュリティ環境でバージョンを上げた瞬間から同種の問題が発生するのが
    それぞれの環境が原因とはにわかには考えにくいですので、お手数ですが
    もう少しそちらの方でも調べて頂けると助かります。引き続きよろしくお願いします。

    追記
    hn2さんの投稿が直前に載りましたのでこちらでも同様に調べてみたところ、
    v10.0.6~v10.0.8の32/64bitインストーラについて、デジタル署名および
    その副署名について「署名にある証明書を検証できません」等の問題のあるメッセージは
    見られなかったことを追記します。(「このデジタル署名は問題ありません。」という表示でした)

    #10342

    hn2
    メンバー

    v10.0.7 からは、暗号方式が RSA 2048bit になったのですね。
    ルート証明書の更新プログラムを適用する事によって、
    v10.0.7 でも証明書を確認でき、正常動作する事を確認しました。
    yamatakeさんの症状は、署名に問題が無いにもかかわらずエラーが出るという事なので、私のこの件とは別問題のようです。
    私個人の今回の件に関しましては、これにて解決とさせて頂きます。

    #10344

    yamatake
    Participant

    「ルート証明書の更新プログラムを適用」という言葉にピンときて
    WindowsUpdateを確認してみましたが、ルート証明書に関する更新はありませんでした。
    (今までも一応不定期ながら更新の確認はしています)

    いよいよこちらでできることも手詰まりになってきた感がありますので、
    何度もお手数書けますがそちら側の検証も引き続きお願いする次第です。

    また、v10.0.7 から署名に関して暗号方式が RSA 2048bitに変更された
    ということで間違いなければ、その旨を公開の変更点に明記することで
    同様のトラブルがユーザーレベルで回避できたりフォーラムのやりとりが
    無駄に繰り返されることも未然に防げるかと思います。
    バージョンアップに関する変更点として追加して記載頂ければ幸いです。

    #10345

    Yutaka Emura
    キーマスター

    hn2 様、yamatake 様

    いつも EmEditor Professional をお使いいただき、誠にありがとうございます。

    v10.0.7 以降でデジタル署名が一部の PC で確認できなかった理由がわかりました。最初にお断わりを書きますが、私はデジタル署名にあまり詳しいわけではないので、詳細の書き方に誤りがあったら申し訳ありません。Thawte が発行する証明書を使用しているのですが、以前は、ルートからの証明書だったのに、v10.0.7 以降は、Thawte ルート証明書と中間機関証明書が必要になり、中間機関からの証明書に変わったことです。フレッシュな PC だと、これらのルート証明書と中間機関証明書がインストールされていないため、EmEditor のデジタル署名を確認する際、署名が確認できないことになります。インターネットが常時接続されている場合は、デジタル署名の確認時に、自動的に、Windows がルート証明書と中間機関証明書をインストールしてくれるのですが、インターネットが接続されていなかったり、他のなんらかの原因でインストールに失敗すると、デジタル署名が確認できなくなります。

    そのことを確認するため、Virtual PC 上のフレッシュな Windows XP SP3 の LAN が切断された状態に、EmEditor のインストーラーをコピーし、エクスプローラからインストーラーのファイルのプロパティで、デジタル署名の確認を試みたところ、v10.0.6 では確認できたのに、v10.0.8 では確認できませんでした。しかし、LAN が接続された状態にしてから Virtual PC 上の Windows を再起動すれば、v10.0.8 でもデジタル署名を確認することができました。最初から LAN が接続された状態であれば、どちらのバージョンでもデジタル署名を最初から確認することができました。また、LAN が接続されていない状態でも、 https://search.thawte.com/support/ssl-digital-certificates/index?page=content&id=AR1406 にある手順で、Thawte ルート証明書と中間機関証明書を PC にインストールすれば、v10.0.8 でもデジタル署名を確認することができました。

    hn2 様の書かれているとおり、証明書の更新によって RSA 1024bit から RSA 2048bit に変わったのも確かにそのとおりですが、それよりも、ルートと中間機関の証明書が必要になったことが、一部の環境でデジタル署名が確認できなくなった理由です。今までは、Thawte のデジタル署名の更新を毎年または 2 年毎に行っていて何も問題なかったので、今回のような問題が発生するとは想像できませんでした。大変お騒がせしてしまい申し訳ありませんでした。

    なお、v10.0.8 からは、既にデジタル署名の確認ルーチンを無効にしてあります。今後はこのような問題が起こることはありませんのでご安心ください。

    どうぞよろしくお願い申し上げます。

    #10346

    Yutaka Emura
    キーマスター

    yamatake 様

    いつも EmEditor Professional をお使いいただき、誠にありがとうございます。

    yamatake 様の場合、v10.0.8 でも問題が発生しているということですので、デジタル署名とは関係のない、何か別の問題だと考えられます。何か、アンチ ウィルス ソフトウェアのような常駐ソフトはインストールされていないでしょうか? また、コンピュータのセキュリティの設定などを変更されていないでしょうか? これらも関係ないとすると、あとは、私も原因がわからないのが実情です。もしかすると、Windows のシステム ファイルに何か問題が発生している可能性も考えられますので、大変面倒になってしまいますが、Windows のシステム ディスクよりシステムの復旧はできないでしょうか? 大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

    どうぞよろしくお願い申し上げます。

    #10371

    yamatake
    Participant

    だいぶ遅れてしまいましたが、こちらの環境でも自己解決(?)しましたので
    その顛末を報告します。

    まず、https://search.thawte.com/support/ssl-digital-certificates/index?page=content&id=AR1406 にある手順で、
    Thawte ルート証明書と中間機関証明書をPCにインストールすればという方法を試してみまして、
    その結果、やはり「プログラムが壊れています。」のメッセージと共に起動しませんでした。
    (リンク先の内容はこちらも詳しく理解できませんでしたので、本当に正しくインストールできたかは自信は持てません)

    そこで、LANが切断された/LANが接続されたという文面から考え、
    こちらのネットワークの設定を全部削除して一から作り直したところ、
    ようやくエラーメッセージの表示もなく正常起動させることに成功できました。
    正確な原因は判明できませんでしたが、これでソフトのアップデートに追従することが
    できるようで一安心しております。
    このたびは誠にお手数かけました。ありがとうございます。

    ついでながら、このエラーが出る以前に指摘した
    http://jp.emeditor.com/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1670&forum=4&post_id=7161#forumpost7161
    の問題ですが、v10.0.8においても改善されてはいませんでした。
    巨大ファイルに対応、軽くて、高速起動、動作も高速!を謳いながら、
    実際に巨大ファイル(以前の投稿で挙げたのは100万行、サイズにして100MBくらいです)を
    開けるときに動作がもたつく結果、実際には秀丸エディタ、MMエディタなどに
    起動速度で後れを取るようですとユーザーとしても釈然としないものがありますので、
    こちらの方も引き続き改善に向けて頂ければ幸いです。引き続きよろしくお願いします。

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全19件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone