1 件の投稿を表示中 (合計 3 個)
  • 作成者
    投稿
  • #30211
    snow
    参加者

    開発お疲れ様です。

    置換ダイアログの「数値範囲」を選択すると、いろいろと挙動がおかしくなるようです。
    置換ダイアログを閉じることができなくなったり、本体に戻ってctrl+Zを入力するとコントロールコードらしきもの(反転状態のZ)が出てきたり。
    エディタ本体を終了、起動して再度置換ダイアログを開き、即座に「(なし)」等に変更すれば脱出できますが、何か余計なことをすると再びおかしくなります。

    21.1.3 64bitですが、「数値範囲」を使用する機会がなかったためいつからこうだったかは不明です。
    (たまたま置換ダイアログ上で誤ってalt+mを押下したことで選択されました)

    よろしくお願いいたします。

    #30215
    Yutaka Emura
    キーマスター

    いつもお世話になっております。

    念のため最新版でも試していただけますでしょうか? それでも問題が改善されない場合、状況がよくわからないため、画面図などをメールでお送りいただけると幸いです。

    よろしくお願い致します。

    #30216
    snow
    参加者

    ご返信ありがとうございます。

    「数値範囲」のときは、もう一つダイアログが上がることに先ほど気づきました。
    昨日は別PCで使用中のセカンダリディスプレイにこのダイアログが表示されていたため、気づかなかったようです。
    問題は、この数値範囲ダイアログが表示された状態でフォーカスを本体ウィンドウに戻すと発生することが分かりました。

    http://mylph.my.coocan.jp/test/20211001.jpg

    ダイアログを表示させた状態で、本体でctrl+zするとこうなります。
    本来本体へフォーカス移動できない想定なのか、フォーカス移動してもきちんと編集できる想定なのか、どちらでしょう?
    よろしくお願いいたします。

    なお、数値範囲ダイアログと置換ダイアログを両方閉じればきちんと復帰し、ctrl+zも消せましたので、エディタ本体の終了は不要でした。

1 件の投稿を表示中 (合計 3 個)
  • このトピックに返信するにはログインしてください。