3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #9643

    takuya
    参加者

    元スレッド

    http://jp.emeditor.com/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1470&forum=4&post_id=6443#forumpost6443

    Pythonを書いていると、タブやスペース数が重要になってきます。
    タブの代りにスペースを使っていると、スペースは自動挿入されて便利。だけど消すときに不便。

    タブ(スペース4つ)は一回で入力できるのに、一回で消せないのは困りますよね。

    そこで一回で消せるようなマクロを考えてみました。これをBackSpaceキーに割り当てて使うことにしました。

    Window.Redraw=false
    t = document.Config.Indent.TabColumns
    x = document.selection.GetActivePointX(eePosLogical)
    y = document.selection.GetActivePointY(eePosLogical)
    document.selection.StartOfLine(true)
    text=document.selection.Text
    document.selection.Collapse()
    document.selection.SetActivePoint(eePosLogical,x,y,false)
    if(text.match(/^s+$/)){
    document.selection.DeleteLeft(t)
    }else{
    document.selection.DeleteLeft(1)
    }
    Window.Redraw=true

    #9648

    snow
    参加者

    個人的には選択→shift+TABで事足りていましたが、たしかに1キーで済めばその方が良いですね。

    #9651

    takuya
    参加者

    なるほど『選択してShift+TAB』がありましたね。そのマクロの方が分かりやすいです。書き直してみます。

    ただやっぱり、本体の機能にあって、ワンストロークの方が便利ですよね。同感です。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone