#5481

Yutaka Emura
キーマスター

KIDさんは書きました:

Yutakaさんは書きました:
EmEditor Professional 7.00 RC 7 を 公開します。主な変更点は次の通りです。

– インストーラはフォルダ選択ページをスキップするようになりました。ただし、インストール先フォルダは、TARGETDIR オプションを使用して変更することが可能です。詳しくは、ヘルプ – よくある質問と回答集 – セットアップ – 「インストール先フォルダを変更するには?」をお読みください。

“C:Program Files”以外にインストールして使用している私にとってはとうてい納得できない変更なのですが、この変更の納得できる理由を教えてください。

そういう意見があると思っていました。一番大きな問題は、今のままだと、他のバージョン (たとえば、Version 6 や Free 版など) をインストールしたまま、別のフォルダに新しいバージョンをインストールしてしまい、後からアンインストールしたりさらに別のバージョンをインストールしようとしたときに問題が発生してしまうことです。コントロール パネルのプログラムの追加と削除にプログラムが残ってしまうだけなら、まだいいのですが、新しいバージョンをインストールしようとしても別のバージョンが残っていてインストーラが先に進まない、という事態が発生してしまうというメールやフォーラムの発言が相次いでいます。このようなサポートの原因を減らすため、ほとんどのユーザーは変更する必要がないインストール先フォルダを簡単には変更できないようにしました。

もし既定のインストール先を現在の Program FilesEmEditor から変更したい場合は、

たとえば、EmEditor のセットアップ用のファイルが emed700jpx.msi で、C:path にインストールしたい場合、

emed700jpx.msi TARGETDIR=”C:path”

を実行します。フォルダ名の最後には、バックスラッシュ を追加してください。

ちなみに、さらに /q オプションを追加して実行すれば、無人インストールも可能です。もし頻繁に行う場合には、これが便利だと思います。(Windows Vista の場合は、管理者権限で実行したコマンドプロンプトから実行する必要があります。)

emed700jpx.msi /q TARGETDIR=”C:path”

ただし、異なるバージョンの EmEditor を同時にインストールすることはできません。以前のバージョンの EmEditor が既にインストールされている場合は、以前のバージョンをアンインストールしてから新しいバージョンをインストールするか、以前のバージョンがインストールされているフォルダ上に上書きインストールしてください。もし、以前のバージョンがインストールされていて、それと異なるフォルダにインストールを試みる場合は、自己責任において行っていただけますよう、お願いします。

これでご理解いただけましたでしょうか?