#4680

Yutaka Emura
キーマスター

tyapyさんは書きました:
[emed700b4jpx_portable.zip]のみで確認しています
・マクロの記録時
「マクロの記録/実行」を実行した時、最初に必ず
「’%appdir%eerecord.exe’が見つかりません。名前を正しく入力したかどうかを確認してから、やり直してください。」というアラートメッセージが表示されます
その後、「OK」を押下すれば何の支障もなくマクロの記録と実行が行えますが、意味不明なので報告させてもらいます。(実際にeerecord.exeというファイルは[emed700b4jpx_portable.zip]には含まれていません)
・USBメモリで使用する際の挙動(しばらく使用した感想)
今、アクセスランプ付きのUSBメモリを使用しているのですが、
エディタが既に実行されている時に、他のファイルをエディタで読み込ませようとした場合、USBメモリのアクセスランプがしばらく点灯したあと(エディタの初回起動時と大体同じくらい)、ファイルが開かれます。
USBメモリで使用するに当たって、初回起動時は大抵のソフトが実行完了するまでに時間がかかるので仕方ないと思いますが(これも早くなればすごいと思います)、既に起動している状態で使用する際、メインメモリのみではなく、都度USBメモリにアクセスするとなると、やはり動作が重いと思えてしまいます(エディタが既に開いている状態でも5個くらいのファイルをまとめて開こうとすると、多分ファイルの個数分USBメモリにアクセスしているみたいで、びっくりするくらい時間がかかりますし。)
ここを対処してもらえれば、USBメモリで使用できると謳う場合、重いという苦情が出にくいかな。と思いました。
あくまで一意見なので、参考にでもなればうれしいです。

ポータブル版に eerecord.exe が含まれていなかったのは修正します。同時に、エクスポート時に eerecord.exe が含まれていなかった不具合も修正します。ご指摘ありがとうございます。

USB メモリにアクセスするのは、INI ファイルの読み書き (以前はレジストリへの読み書き) が発生するためですが、これはある意味、EmEditor のデザイン上の問題で、これによって今までは EmEditor の動作が速くなっていたわけで、今となっては、逆に遅くなる原因になっているのですが、難しい問題ですね。