#7102

Yutaka Emura
キーマスター

aioueokaさんは書きました:
 こんにちは。EmEditorに長いこと非常にお世話になっております。EmEditorとその開発姿勢はとびきり素晴らしいので、人にもいつもこれの購入を勧めています。

 さて、現在最新のEmEditor 8.01を使っていますが、ウィンドウの分割機能についてふたつ注文があります。

1.ウィンドウの分割中、視点を追従してくださいませんか

 プログラムの開発中、ウィンドウを水平または垂直に分割して、ソースのいろいろな場所を同時表示できるのは大変便利です。
 たとえば、作っている複数の処理やデータを、それぞれペインに配置して作業するという具合です。

 ところが、挿入や削除で行数が変わると、その行以降テキスト最終までのソース部分を表示していたペインでは、編集前と同じ行番号の位置を表示し続けます。
 このため、せっかく各ペインに表示していた処理やデータが違うものになってしまい、それぞれ見つけるのが大変です。
 ブックマーク機能を使って位置を戻したりと、毎度苦労しています。

 こういう者のために、編集で行数が変わっても、各ペインの表示開始行番号はその変化分、動かしていただけないでしょうか。
 そうすれば、作業は大変効率的になります。

 制御は簡単そうですが、他の機能とのコンフリクトが気になるのと、今までの行番号固定の分割が役立っている利用者がいるとすると、変えていいのかモードを設けるかというのが、悩まれるところかと思います(余計なお世話だったらすみません)。

2.できましたら3分割以上もお願いします

 ソースの3カ所以上の部分を同時に複数ペインに表示して眺めたいことが頻繁にあります。
 いまは水平、垂直それぞれ2分割までしかできませんから、水平と垂直と組み合わせて4分割して使っています。
 1920×1200ドットのディスプレイでも、4分割にするとウィンドウの横幅をとるのでどうしても他のウィンドウ(他のソース、コマンドプロンプト、ブラウザの処理結果など)と重なってしまい、扱いがとても不便です。

 そこで、GNU emacsのように、水平、垂直それぞれ、3分割以上もできるようにしていただけないでしょうか。

http://www.bookshelf.jp/texi/emacs-20.6-man-jp/emacs_17.html
の「14.2 ウィンドウの分割 」のC-x 2をよく多重に使っていました。キーバインドをうまくやって、他のペインにカーソルを飛んだり、要らなくなった時点でそのペインを消去したりがそれぞれその場のキーインで済むので、作業の流れがスムーズでした。

 この機能を作られるときに、すでに分割されたペイン中で同じ方向にさらに分割が指示されたとき、面積配分の問題があると思います。
 面積配分が1:1になっていたとき上のペインで2分割したら1:1:2、次に1:1:2:4になったりすると、せまい方のペインが大変窮屈になります。それを解消するにはもっと凝るか、単純に全体をN等分に再配分する方法があります。
 それと、これ以上分割できないという判定と反応の仕方ですが、だまって分割指示を無視してくれるのがお互い楽かと思います。
 実装が面倒と思いますが、お手元にemacsがございましたらその機能や動きは参考にならないでしょうか。

 ご検討いただければ嬉しく存じます。

1. これは積極的に対応を検討します。ご意見ありがとうございます。

2. 最初のデザイン時に、EmEditor の機能を絞ってできるだけ emeditor.exe のファイルサイズを小さくするため、分割は、水平、垂直それぞれ2分割までと設計しています。これを変えて3分割以上に対応することも可能ですが、そうすると、 emeditor.exe のファイルサイズは確実に大きくなり、起動時の速度が遅くなったりという弊害が出てきます。ですから、特に大きな要望がないかぎり、現状の2分割までの仕様にしたいと考えています。