#6787

finalbeta
メンバー

プラグインのHTMLバーのプロパティで、「選択された設定でHTMLバーを自動的に表示する」をONにし、HTMLファイルを開いたときのみHTMLバーが表示されるようにしています。

このとき、以下のような状況で表示がおかしくなる現象が発生しました。一応、2台のPCで再現しておりますので、環境依存ではなさそうですが……ご確認ください。

1.新たなEmEditorのウィンドウでHTMLファイルを開く。HTMLバーが表示され、ツールバーが1段増える。
2.次に、HTML以外のファイルを開く。もとのタブの右側に新しいタブでファイルが開かれ、このときHTMLバーは消えてツールバーが1段減る。

ここまでは正常です。この後、期待される動作はタブを切り替えるたびに、HTMLバーが出たり引っ込んだりすることかと思いますが、実際には以下のようになります。

3.HTMLファイルのタブに切り替えても、HTMLバーが表示されない。
4.さらに非HTMLファイルのタブに切り替えると、ツールバー領域が1段分増えるがHTMLバーは(当然)表示されず、変な空きができる。

さらに、この状態ではHTMLファイルのタブが左、非HTMLファイルのタブが右になりますが、それをタブのドラッグ&ドロップで入れ替えても、非HTMLファイルのタブをクリックすると右に移動してしまうという、謎の現象が発生しています。

v8のRC版から本格的に使い始めたので、これまでのバージョンがどうだったかは確認できていません。
説明がわかりにくようでしたら、再現動画のアップなども可能ですのでご指示ください。