タブ デザイン

EmEditor のタブ ウィンドウ デザインは、文書間の素早い移動を可能にし、ウィンドウを常に整頓しておくことができます。

EmEditor は、Internet Explorer、Chrome、FireFox、その他のタブ ブラウザ アプリケーションに似たタブ ウィンドウを使用します。これによって、複数文書を 1 つのウィンドウ内で表示でき、文書間を素早く簡単にジャンプすることができます。たとえば、タブ アイコンをドラッグ & ドロップすることにより文書の位置を変更したり、マウスの中ボタンをクリックすることによりタブを閉じることができます。さらに、ウィンドウ メニューの [タブを有効にする] コマンドを選択することにより、タブ ウィンドウ インターフェイスとシングル ドキュメント インターフェイスとを簡単に切り替えることができます。このコマンドは、タブが無効状態の場合は有効にし、既に有効の場合には無効にします。タブが有効だと、すべての開いている文書はウィンドウの上部のタブ メニューに表示されます。Windows タスクバーには EmEditor アイコンが 1 つだけ表示されます。

タブ ウィンドウ機能には、コンテキスト メニューが含まれます。タブで右クリックを行うと、コンテキスト メニューが表示されます。複数のタブ ウィンドウを表示させるには、タブを EmEditor ウィンドウの外側にドラッグ & ドロップして新しいグループを作成します。タブの並べ替え (ソート) 方法を変えるには、タブ上で右クリックを行い、[タブの整列] サブ メニューを選択して、整列方法を選択します。[タブのカスタマイズ] を選択すると、[カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [タブ] タブにアクセスすることができます。また、[ツール] メニューの [カスタマイズ] を選択することによっても、同じ [カスタマイズ] ダイアログにアクセスすることができます。ここから、1列で表示するか、複数列で表示するか、タブにどんなアイコンを表示するか、タブを閉じたときに次にどのタブをアクティブにするかなど、タブがどのように機能するかを詳細に制御することができます。

EmEditor のタブを制御する方法はたくさんあります。例えば

  • ある文書から他の文書に簡単に移動するには、[マウス ホイールを使って選択] オプションを使用します。そして、タブ上でマウス ポインタを移動して、マウス ホイールを使用し、ある文書から別の文書にゆっくりとスクロールします。
  • Ctrl+Tab または Ctrl+Shift+Tab によって、左から右へ、または右から左へタブの文書を切り替えるには、[次の文書コマンドで最後に使用した文書に切り替える] チェック ボックスのチェックを外します。
  • 逆に、次の文書、前の文書でなく、現在アクティブな文書と最後に表示した文書の間を切り替えるには、[次の文書コマンドで最後に使用した文書に切り替える] チェック ボックスをチェックします。

友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone