複数選択編集

EmEditor の複数選択編集を使用すると、文書中の複数個所を同時に簡単に変更することができます。変数の名前を変更したり、データを入力するのに使用すると、より編集作業が楽になります。

最新版では、文書中の複数個所を同時に選択することができるようになりました。複数選択を行うには、1つを選択した後、Ctrl キーを押しながらマウスで別の場所を選択します。キーボードを使用して複数選択するには、F8 キーを押して選択を開始し、カーソルを移動して選択範囲を拡張し、再び F8 キーを押して選択を終了します。再びカーソルを移動して次の選択場所に移動し、以上の操作を繰り返します。さらに、[次の文字列を選択に追加] コマンド (Ctrl+R) は、カーソル位置の単語と同じテキストを見つけて選択します。[次の次の文字列を選択に追加] コマンドは、次をスキップして、その次の文字列を選択に追加します。 [すべての文字列を選択] コマンド (Ctrl+Shift+A) は、すべての文字列を選択します。

複数選択を行った後、直接文字をタイプして、複数個所を一度に変換することができます。また、Backspace キーを押すと、各選択の最後の文字を削除することができます。さらに、複数選択に対して、各種変換コマンドを使用できます。

[すべてを検索] ボタンが [検索] ダイアログ ボックスに追加され、すべての一致する文字列を選択できるようになりました。

複数選択編集に加え、箱型選択編集も強化されました。たとえば、幅が 0 箱型選択を行ってから Backspace キーを押すと、各行の選択位置の左側 1 文字が削除されるようになりました。これにより、複数行のテキストの最後の部分の削除が、以前よりもずっと簡単に行えるようになりました。

さらに、[選択開始位置と終了位置を切り替える] コマンド (既定で Shift+F8) が追加されました。従来、選択を行った後、Shift を押しながら矢印キーを押すことにより、選択終了位置を調整できますが、選択開始位置の調整はできませんでした。新バージョンでは、選択を行った後、Shift+F8 を押すことにより、カーソル位置が選択開始位置に切り替わり、選択開始位置も調節できるようになりました。

巨大ファイルに関するさらに多くのサポート

EmEditor は、4GB を超える非常に長い行を含むファイルを開くことができるようになりました。EmEditorが非常に長い行を開こうとすると、複数の長い行に分割して開きますが、保存時には結合されます。

1行が非常に長い場合の描画が非常に高速化され、動作が軽くなりました。

クリップボードを経由する巨大テキストの貼り付けは、一時ファイルを動的に作成することにより、より安定して行うことができるようになりました。

いろいろな並べ替えコマンドや [重複行の削除] コマンドも、巨大ファイルに最適化され、これらのコマンドを実行する際のファイル サイズによる制限は無くなりました。下記の例のように、v13 では、v12 に比べて巨大ファイルの並べ替え、重複行の削除が 3 倍から 7 倍も高速化されました。

*141MB、1,750,000行のファイル、AからZへ並べ替え。**16MB、200,000行のファイル。以上、すべて Windows 8 (64ビット)、Core i7 870、16GB RAM 上で、EmEditor Professional v12.0.11 (64 ビット版) と v13.0.0 (64 ビット版) をインストールして測定。
Version 12Version 13
並べ替え*28 seconds7.8 seconds
重複行の削除**53 seconds7.2 seconds

新バージョンでは、巨大ファイルの分割や結合が簡単に行えるようになりました。[現在の文書を複数ファイルに分割] コマンドを実行すると、指定する行毎またはブックマークが設定された行の前で、文書を複数のファイルに分割します。さらに、分割されたファイルのヘッダやフッタを指定することができます。[複数文書をファイルに結合] コマンドを実行すると、複数文書を 1 つのファイルに結合することができます。

複数ファイルのエンコードの変換

この機能により、複数のファイルのエンコードを、一度に、簡単なコマンドで変換することができます。

EmEditor では、複数のファイルのエンコードを一度に変換できます。これを行うには、まず最初に Ctrl+O で [ファイルを開く] ダイアログを開いてから複数ファイルを選択するか、コマンド プロンプト ウィンドウで、たとえば、”emeditor.exe *.*” を指定して、EmEditorでエンコードを変換したいファイルをすべて開きます。次に、[ファイル] メニューの [すべてエンコードを指定して保存] コマンドを選択すると、指定エンコードですべての文書が保存されます。

クイック起動

クイック起動機能を使用すると、コマンド、プラグイン、マクロ、外部ツール、最近使ったファイル、フォルダ、フォント、開いている文書、プロパティ、設定など、少ないキーストロークで簡単にアクセスすることができます。クイック起動ボックス (Ctrl+Q) でキーワードの一部をタイプすれば、EmEditor が探しているものを見つけます。

新しい [クイック起動] コマンドを使用すると、ダイアログ ボックスが表示され、キーワードの一部を入力してすべてのコマンドを検索できるようになりました。リスト ボックスはすぐに検索されたコマンドで満たされ、起動したい一覧の項目を選択できるようになります。クイック起動ダイアログ ボックスは、EmEditor 本体のコマンド、プラグイン、マクロ、外部ツール、最近使ったファイル、フォルダ、フォント、開いているファイル名、設定のプロパティ、[カスタマイズ] ダイアログ ボックスから検索することができます。

プラグイン

HTML バー プラグイン

  • 大きいサイズのツール バーが利用可能になりました。

アウトライン プラグイン

  • アウトラインをガイドとして使用している場合に速度によって最適化しました。

プロジェクト プラグイン

  • プロジェクトが必要になるまでロードしないことにより、ソリューションのロードが非常に速くなりました。
  • コンテキスト メニューの [ソリューション] サブ メニューに [読み直し] コマンドが追加されました。また、F5 キーが [読み直し] コマンドに割り当てられました。
  • プロジェクト プラグインで、Visual Studio のネストされたプロジェクトも開けるようになりました。

その他の機能

新機能

  • [コメント挿入]、[コメント削除] コマンドは、従来の行コメントに加えて、コメント開始/終了 (たとえば、/* … */) もサポートするようになりました。EmEditor は、行の中間が選択されている場合に、コメント開始/終了を選択します。
  • ワークスペースは、すべてのブックマークを自動的に保存するようになりました。また、ブックマークは、ファイルの読み直しによって解除されなくなりました。
  • [ファイルを開く] ダイアログで存在しないファイル名を指定することによりファイルを新規作成するとき、EmEditorは、0バイトの空のファイルを作成するようになりました。
  • ダイアログ ボックスのヘルプは、すべてのコントロールの説明を含むようになり、サブ アイテムをナビゲートする必要が無くなりました。ヘルプ ボタンは無くなり、ダイアログ ボックスの右上の ? ボタンをクリックするか、F1 キーを押すことにより、関連するヘルプが表示されるようになりました。

  • 進捗状況ウィンドウに、プログレス バーとパーセンテージが表示されるようになりました。
  • 新しく、[高速バイナリ比較 (ロケールを無視する)] チェック ボックスはより速い並べ替えを可能にし、[安定ソート] チェック ボックスのチェックを外すと、安定ソートが不要な場合に、より速い並べ替えが可能になりました。
  • [ファイルから検索] ダイアログでは、[>] メニューで [現在のファイルの種類] が選択されているとき、[ファイルの種類] テキスト ボックスに、現在の設定のファイルの拡張子がすべて表示されるようになりました。
  • 高い DPI 設定をサポートしました。
  • 新バージョンは、[部分編集] コマンドで指定されたテキスト領域の外側のテキストもマウスで選択できるようになりました。
  • 既定の設定を Text の設定以外に変更できるようになりました ([設定の定義] ダイアログ ボックスの [既定に設定] ボタン)。
  • インストーラーにて、Windows エクスプローラにコンテキスト メニューを追加するかどうか、更新をチェックするかどうかを選択できるようになりました。
  • インストーラーにコマンド ライン オプションが追加されました (NOCHECKUPDATES, NOCONTEXTMENU, NODESKTOP, NOIEEDITOR, NOIEVIEW, NOPATH, NOSHORTCUT, NOTRAYICON, NOTXT)。
  • 個人としての使用に限り、EmEditor Free として無料版にダウングレードして使うことができるようになりました。
  • /ff と /mc コマンド ライン オプションが追加され、開いた文書から文字列を検索できるようになりました。
  • エディタ画面の左端または行番号上で右クリックを行うと、ブックマークに関するメニューが表示されるようになりました。

新しいオプション

  • [すべてエンコードを指定して保存] ダイアログ ボックスを追加しました。
  • [設定の関連付け] ダイアログ ボックスを追加しました。
  • [現在の文書を複数ファイルに分割] ウィザードを追加しました。
  • [複数文書をファイルに結合] ウィザードを追加しました。
  • [クイック起動] ダイアログ ボックスを追加しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [編集] タブに [複数選択を有効にする]、[元に戻る情報が利用可能でない場合にダイアログを表示する] と [クリップボードを開くことができない場合にダイアログを表示する] チェック ボックスを追加しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [並べ替え] タブに [高速バイナリ比較 (ロケールを無視する)] チェック ボックス、[安定ソート] チェック ボックス、[最大メモリ サイズ] テキスト ボックスを追加しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [表示] タブに [ダブル バッファリングを使用する] チェック ボックスを追加しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [ステータス] タブに [メモリ サイズ]、[L1 キャッシュ サイズ]、[L2 キャッシュ サイズ]、[物理メモリの使用率] 項目を追加しました。

  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [高度] タブに [メモリ サイズ]、[L1 キャッシュ サイズ]、[L2 キャッシュ サイズ] テキスト ボックスを追加しました。
  • [検索] ダイアログ ボックスに [すべてを検索] ボタンを追加し、[検索する文字列] テキスト ボックスの右横の [>] ドロップ ダウン メニューに [選択テキストまたはカーソル位置の単語] アイテムを追加しました。
  • [ファイルから検索] ダイアログの、[ファイルの種類] テキスト ボックスの右横の [>] ドロップ ダウン メニューに [現在のファイルの拡張子] アイテムが追加されました。
  • [タブ/インデント] ダイアログ ボックスに [改行でのみインデントを行う] チェック ボックスを追加しました。
  • [設定の定義] ダイアログ ボックスに [既定に設定]、[関連付け] ボタンを追加しました。
  • [外部ツールのプロパティ] で、[>] ボタンを押したときに表示されるメニューで、$(AppDir)、$(AppDrive)、$(Clipboard) パラメータを追加しました。
  • [保存時の詳細] ダイアログ ボックスに [名前を変更時、以前のファイルを削除で警告] チェック ボックスを追加しました。
  • [番号の挿入] ダイアログ ボックスに [空行をスキップする]、[空行の後、番号を最初から数え直す] チェック ボックスを追加しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログの [検索] タブに [大文字と小文字を区別]、[単語のみ検索] チェック ボックスを追加し、[次の文字列を選択に追加]、[すべての文字列を選択] コマンドで、大文字と小文字を区別するかどうか、また単語のみ検索を行うかどうかを指定できるようになりました。
  • [Ctrl+クリックで単語選択] チェック ボックスを [カスタマイズ] ダイアログの [マウス] タブに追加しました。
    [文書の最後に到達したらメッセージを表示する] チェック ボックスが [カスタマイズ] ダイアログの [検索] タブに追加されました。
  • [ファイルを開く] ダイアログに [設定を保存] チェック ボックスが追加されました。
  • [マーカーのカスタマイズ] ダイアログの [マーカー一覧] タブに [タイトル] チェック ボックスとテキスト ボックスを追加しました。
  • 設定のプロパティの [リンク] タブに、[引用符の内側のファイル名をクリックするとそのファイルを開く] チェック ボックスを追加しました。
  • 設定のプロパティの [表示] タブに MinimalZen テーマを追加しました。MinimalZen テーマは、ToadLoading により作成されました。

新しいコマンド

  • すべての文字列を選択
  • 次の文字列を選択に追加
  • 次の次の文字列を選択に追加
  • 現在の文書を複数ファイルに分割
  • 複数文書をファイルに結合
  • クイック起動
  • すべてエンコードを指定して保存
  • ダウングレード
  • アップグレード
  • 最後のコマンドを繰り返す
  • 設定の関連付け
  • 行の最初を選択
  • 行の最後を選択
  • 選択開始位置と終了位置を切り替える
  • この文書のブックマークされた行を選択
  • この文書のブックマークされた行を切り取り
  • この文書のブックマークされた行をコピー
  • すべて検索 (マーカー ツール バーの右クリック メニュー)

マクロ新機能

  • Selection オブジェクトに Count プロパティが追加されました。
  • FileSaveProp オブジェクトに PromptRename プロパティが追加されました。
  • LinkProp オブジェクトに、OpenFileInQuotes プロパティが追加されました。
  • Find メソッドに eeFindSelectAll フラグが追加されました。

プラグイン API 新機能

  • EE_GET_MULTI_SEL メッセージ (Editor_GetMultiSel インライン関数)
  • EI_GET_CMD_LIST_SIZE フラグ (EE_INFO メッセージ)
  • EE_SET_OUTLINE_ARRAY メッセージ (Editor_OutlineArray インライン関数)
  • OUTLINE_ARRAY_INFO 構造体
  • EVENT_UI_CHANGED イベント
友達に知らせる... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone